岐阜で一人暮らす母の誕生日祝いにGOTOトラベル利用して長良川温泉に!【わんまいる】

2020年11月7日(土)今日は昼から岐阜市内で一人で暮らす母の誕生日のお祝いにGoToトラベルを使って長良川温泉に行くので、堀田の本音校正、ブログ執筆、今週のまとめを行い、雨で外に出るのも億劫なので、冷凍庫にから京都の老舗製麺所「薬師庵」さんに作ってもらているカップ入りの「具付 ラーメン」を取り出して、レンジで解凍して食べました。

焼豚も脂身が少なく臭く無くてメンマもコリコリして美味しい!汁まで全部完食!オフィスに冷凍庫があると外に食べに行く時間無い時や雨の日は便利だと思いました。

引き続き毎週月曜日に行っている部門長ミーティング内容の確認を検討し、御堂筋線に乗り約10 分で新大阪駅に到着、

新幹線で名古屋まで50分東海道線に乗り換え新快速に乗って15分で岐阜駅に到着。改札を出ると母が待っていました。タクシーで約10分で長良川温泉で160年の老舗旅館「十八楼」に到着。

仲居さんに部屋まで案内して頂き、早速浴衣に着替えて大浴場に行きましたが、サウナがないのはわかっていましたが、水風呂ぐらいは有ると思いっていたが無いので温泉だけでは時間が持ちません。。仕方ないからロビーでサービスの生ビールで夕食の時間まで時間つぶし。。さてお目当ての「飛騨牛懐石」を楽しみに部屋に戻り、仲居さんが御膳を運ん来てくれました。おばんざいのごま豆腐、海老のボイルと野菜のゼラチン包みにきのことミニトマトに和え物、白和え、さつま芋のレモン煮、子持ち鮎の昆布巻き、揚げ湯葉、飛騨牛しぐれ煮とおばんざいのオンパレード。

手前に飛騨牛の握り寿司が2貫が乾いている。。造りのカットも小さく、飛騨牛の陶板焼きはもも肉で硬い。もう少し薄くカットして塩胡椒で下味を付けて叩いてバターで焼けば、少しは柔らかくなって美味しく感じると思うのだが、ローストビーフは赤身でなく脂があって焼肉として名前を変えた方が良いと思います。それにマスタードか山葵は添えた方が良い!メインの一人しゃぶじゃぶは薄くスライスされたロース肉でこれだけが飛騨牛らしく刺しも入り上品な口当たりで柔らかくて美味しい。〆に出された鮎の雑炊は、焼いた鮎の香ばしさも味わえてほぐし身もサラサラに炊かれたご飯によく合い見事な出来栄え。

160年伝統を感じました!長良川温泉は鮎が名物、飛騨牛を頼んだ僕が間違っていたと反省。。78歳のうちのおかんは、すべて完食。。まだまだ元気でなにより。僕は岐阜市内の地酒「千代菊」生貯蔵酒で晩秋の長良川を眺めながら風情を楽しみ床に就きました。

第四回い~な米子・い~な境港と商談会!【鳥取】

今回は、米子商 工会議所様からご案内頂いた、「第四回い~な米子・い~な境港と商談会」へ行ってきました。現地までは車で移動。大阪から米子まではちょうど3時間の道のり。
さすがにまだまだコロナの影響は続いているようで、高速はガラガラで途中立ち寄った蒜山高原サービスエリアも昨年の同時期と比べると雲泥の差で少ないです。。

9時40分より開会式がはじまるのでそれまでにと思い、9時30分に無事到着。会場は米子駅近くの、米子コンベンションセンター

コロナの関係で、参加者や出席者も少ないと予想していましたが、地元企業49社、市外からの百貨店、大手通販会社、小売企業と過去最高 のバイヤーで50社が参加されています。コロナ対策として通常会場よりかなり大きいホールで密にならないように配慮されています。もちろん入り口では検温・アルコール消毒を行い、商談ブースにはフィルムでガードしてあります。

開会式終了後10時から商談が始まりました。

1社目は、すでに山陰の紅ずわいが になど地元食材を使用したクリームコロッケを提供頂いているサンレイフーズ様で、今までのご担当者様が退職するということでご挨拶も含めての商談。コロッケ以外にも今後、グラタンや炊き込みご飯の素を開発しているとのことで、でき次第提案もらうことに。。

2社目は、地元で獲れる魚の一夜干しや干物を加工されている大海様。干物はもちろん一時加工もできないか相談させていただきました。3社目は、歌舞伎座で御座衛門寿司を販売している駅弁・仕出し弁当の米吾様。

以前のご担当者とのやりとりが退職されたため、頓挫していたので、仕切り直しの商談でした。しっかりした冷凍設備もあるのでぜひ節句での弁当でのお取組みできればと思っています。お昼休憩では、その商談させていただいた米 吾さんの「大山どりの鶏三昧弁当」が配られ、早速試食してみました。


「鶏と玉子の親子そぼ ろ飯」「鶏の照り焼き」「鶏の中華風酢鶏」山陰の食材を使用した お弁当いいですね。バラエティある鶏メニューがめちゃうまです。

午後からは、日本海で獲れたイカや鰺を提供していただいている、福栄丸様。いまスルメイカが不漁とのことで、真アジも不漁らしく、海流の変動で各地域の漁業関係者は苦労されているようです。いかの醤油漬けをご提案頂くことにしました。5社目は、地元食材を使用したクリーム コロッケを製造されている北陽冷蔵様。

看板メニューはグラタンコロッケだそうですが、面白かったのが一緒に試食させて頂いた「境港のかにじゃがもち」。もちっとした皮の中に、ベシャメルソースとクリームチーズが
入っていてめちゃおいしく、おやつ等に最適。でもチーズが勝ちすぎて、せっかくの境港のカニの風味がしなかったのが残念。

6社目は、広告代理店を行う社長が商品の販売を始められた、さかい大国屋様、コック帽をかぶっているのは、こちらで料理顧問をされている元シェフ。レトルトカレーの企画をされたり、今回は冷凍のお惣菜のご提案をいただきました。

7社目は、境港名物の”ペタンコお好み焼き”のお店「みそら」を経営する。EGA international様。お好み焼きとはいうものの、大阪だとイカ焼きに近い薄さのお好み焼きです。社長の息子さんが俳優をされていて、友達のモデルの森 星(デザイナー 森英恵さんの孫)がインスタでこのお好み焼きを野菜を使ってヘルシーさをだしてアップしているのを見せてもらいました。たしかにアレンジしやすいと感じました。

8社目は、境港で水揚の 鮮魚加工の美保水産。一次加工がメインでさわら、いわし、カレイ、たらなどを加工しています。9社目は、境港の郷土料理「のこめし」など米飯製造を手掛けるこめや 産業様。


ののこめしとは、見た目は大きないなりずし。油揚げの中に生米、生野菜を詰めて、だし汁でじっくりと炊き上げた郷土料理らしく、昔から「いただき」とも呼ばれ、鳥取県西部地域を中心に大変親しまれているそうで、 昔は、何か特別な行事があった時などに各家庭で作られ、近所に振る舞われたそうです。ほかにも五目御飯等も作れるということなので、米飯類の開発に一緒にできればと近日訪問させていただくことになりました。

今回も実り多い商談となりました。来年春に向けて新商品開発を進めてまいりますのでお楽しみに!

味のベースは立ち食いうどん屋を参考に 美味しくて健康的は僕の基本理念【わんまいる】

2020年11月1日(日)今日は明日の部門長ミーテイング内容の検討を行いに、梅田オフィスに出勤。ランチは久しぶりに阪神電車尼崎駅構内にある「立ち食いうどん」を食べに行きました。

入口で食券「うどん 250円」 「おにぎり1ケ 100円」を購入。(電車賃より安い!)天かすとねぎだけの素うどんですが、鰹・昆布・いりこ(ウルメ鰯)鯖からとった天然のだしが無茶美味くて、ここの味は、32年前に西淀川区で独立開業して以来ずっと通っていた、働いていた店の近く(西区九条商店街入口)にあった立ち食いうどん屋の麺と出汁にそっくりなので気に入っています。

中学校3年に酒屋にアルバイトに行き、それ以来 高校3年間バイトを続け、卒業と同時に酒屋に就職。将来独立してお店を持とうと昼は殆ど「立ち食いうどん」で節約しました。「素うどん」と「おにぎり1ケ」。そうしていると、店のおじさんが黙っておにぎりを1ケ、天ぷらや卵などトッピングしてくれるようになりました。人の人情を噛み締め、いつかお店を持ち商売を繁盛させたろう!と想いながらうどんをすすったものです。。立ち食いうどんを食べる度にその頃を思い出し、目頭が熱くなります。僕が出汁にこだわるのもこの立ち食いうどんの影響で、23歳で居酒屋の店長を任せられた時にベースにした出汁です。湯豆腐・おでん・だし巻き・天ぷらつゆ・寄せ鍋など。。

梅田に戻って、2021年春(3月~5月)の掲載商品約80アイテムを念入りに確認して、夕方に切上げ、自宅最寄り駅前のスポーツジム「ティップネス 塚口店」に立ち寄り、自宅に戻って久々に手羽先・手羽元のカレーフレーク焼きと、野菜たっぷりのマカロニサラダを作ってもらいました。

筋トレの後は、タンパク質とカルシウムを多めに摂取する事が大切!美味しくて健康的に!わんまいるの基本理念です。

旬の国産 鯖の煮付け!真空個包装で味が染込んで旨い!【わんまいる】

2020年10月31日(土)今日は32年間宅配事業で使用している、わんまいる「グルメカタログ」1020号の初校正を行いに梅田オフィスに出勤。

トップページは先週訪問して来た、鳥取県境港の「紅ずわいがにの炊込みご飯」がトップにドカーンと掲載。ふっくらと出来上がるオリジナルのレンジ袋で解凍すると紅ずわいがにの香りが漂い美味しい。2ページ目は、京都桂茶屋女将の伝統の味「京風おでん」。今年から冷凍は難しいとされる玉子を加えました。

3ページも同じく、京都桂茶屋の「丹波鶏のすき焼き小鍋」。レンジで簡単に食べられるから嬉しい!他にも京のおばんざいが沢山掲載されています。4ページは、これまたレンジで出来る「牛すき焼き鍋」です。これからの季節温まっていいですね。

5ページは、「国産野菜と無塩漬ベーコンのポトフ」が大きく掲載。冬のあったかメニューが目白押し!6ページは、掲載して10年以上の不動の人気コラボ商品ステーキハウス「三田屋サイコロビーフカレー」と「タレ付きハンバーグ」が大きく掲載。

7ページには、昭和13年京都駅近くで屋台から始めた京都で一番古い中華そば専門店の新福菜館さんの香ばしい醤油と純正ラードで炒めた人気商品「特製炒飯」にわんまいるオリジナルの「境港産紅ずわいがに炒飯」が大きく掲載。そして最後8ページには、10数年前に長崎空港で見つけた「和泉屋の皿うどん」が大きく掲載。イベリコ豚の餃子、神戸のポーク焼売、豚まん、小籠包など人気の飲茶も勢ぞろい!いやーどれも旨そう。

長男から、近くの天満宮で七五三の撮影が終了し、お祝い膳に予約していた北新地の木曽路これから向かうとショートメールが入ったので僕も駆けつける事に。昼間はめったに新地を通る事はありませんが、コロナ対策にランチ営業している高級店が目立ちます。普段夜なら敷居が高いお店もランチなら気軽に食べられる値段に。前から入って見たいと思っていたお店もあるのでランチで寄って、気に入れば夜に行けば良い。ってな事を考えながら本通りを四ツ橋方面に歩き、「木曽路 北新地店」に到着。

久しぶりの霜降り肉を味わい、〆に中華麺を選び、デザートはマロンのアイスクリームで口直し。

僕はオフイスに戻り、夕方に自宅最寄り駅前のスポーツジム「ティップネス塚口店」に立ち寄り、自宅に戻ってわんまいるの夕食おかずセット「健幸ディナー」を食べました。本日の献立は、「主菜:鯖の煮付け」「副菜:ほうれん草のお浸し」「じゃが芋のきんぴら」のセットです。秋鯖は嫁に喰わすな!と諺で伝えられるぐらい、脂が乗って美味しく、ツイツイ食べ過ぎるからそう言われるようになったと聞いています。旬の食材は栄養価も高くて美味しい!正に天の恵みだと思っています。

明治18年大阪市西九条で創業した「鳥芳」のやきとり弁当をテイクアウト【わんまいる】

2020年10月30日(金)今日は、午前中社外取締役のリライズコンサルティング社長の中山先生と打合せ。ランチを梅田阪急本店地下食料品売り場にから明治18年大阪市西九条で創業した鶏料理専門店「鳥芳」さんの「やきとり弁当」をテイクアウトしてもらい一緒に食べました。

鳥芳の本社工場が現在弊社の創業地である西淀川区にあり、ご近所さんだった事もあって僕はお持ち帰りするならこの「鳥芳」の焼き鳥が大好きです!130年伝統の無添加「たれ」で焼き上げた鶏肉は甘くて美味しい!これに山椒と七味をかけて食べます。ご飯にもたれを塗してあるのが大阪庶民の味。昔は鰻丼のご飯にもたれをしっかり塗してありご飯だけを頼む人も多くいました。

素朴で懐かしい味わいを楽しみ、お昼からは各部門長参加しての営業会議です。オブザーバーに中山先生と顧問の税理士法人エアーズ取締役の公認会計士小西先生にも参加頂いて開催。今日も白熱した議論が続き16時30分までかかり、年齢のせいかあ~しんど!(疲れた)。メールの確認、返信など雑務処理を行い終了。自宅最寄り駅前のスポーツジム「ティップネス」に立ち寄り、汗を流して自宅に戻り、わんまいるの夕食おかずセット「健幸ディナー」を食べました。本日の献立は、「主菜:四川風麻婆豆腐」「副菜:ほうれん草の中華風お浸し」「副菜:さつま芋のレモン煮」のセットでした。

豆板醤を見事に焦がして粗挽きの豚肉と白ネギと豆腐に絡めています。旨いなぁ!さすが新宿伊勢丹本店はじめ全国の主要百貨店に中華惣菜専門店を展開されているだけの事はある。そしてほうれん草の中華風お浸しも瑞々しくて胡麻油の風味が効いて美味しい。辛い麻婆豆腐にさつま芋のレモン煮の甘さが合う!いやーとてもバランスがとれた中華メニューでした!