2年ぶりの宮城!2日目【宮城県】

2日目は、宮城県物産公社の八巻さんのアテンドで宮城県内事業様を訪問。先ず伺ったのは、健幸ディナーで宮城県産金華さばの煮付をはじめ、はまち・たら煮付をメニュー採用している石巻魚市場の買参権を持ち仲買・水産加工食品製造会社のミノリフーズ様へ3年ぶりに訪問しました。

渋田社長と渋田専務の若いご兄弟が出迎えくれて、今後の取組みについて打ち合わせさせて頂きました。

この2人は非常に前向きで、お話をしていてこちらも元気になってきます。3年前に比べて衛生面も強化されていて、参考になる会社です。

次に向かったのが、宮城県塩釜市の海心様。魚の美味しさを知り尽くした職人たちが厳選した魚を煮魚や干物に加工。調味料にもこだわり、味噌や醤油、酒粕などを海心さん独自の味を作っています。

生のさかなに調味料を入れて冷凍したレンジでできるマトウダイのカレーフレーク漬けと三陸産のぶりの煮付けを試食させて戴きました。

 

3件目は、仙台空港に近い名取市にある元伊達藩直轄の漁港閖上(ゆりあげ)漁港にある海祥様へミノリフーズ様の紹介で訪問。

なんとここは、しらすが獲れる日本最北端との事で、「北限のしらす」とブランドを付けて販売されているとの事。ここのしらすは、栄養豊富な海で育つため身がプリプリで、さらに低い水温から身を守るため脂ものっているそうです。

会議室に案内戴くと、鱈や牡蠣などレンジでできる一人用の海鮮鍋が並び、三陸で獲れる魚の切身に北限しらすを使用した海鮮丼の具が三種類を早速試食させてきました。

どれも薄味でわんまいる向けです。

少し三杯酢に味付けしたオリジナルの「北限しらすの海鮮漬け丼の具」を作ってもらうようお願いしました。帰りの飛行機の時間が迫り、名残惜しく海祥様を後に仙台空港へ向かいました。

今回もあっという間の宮城でした。。

たまには観光できたいなあ。。(心の叫び)

2年ぶりの宮城!【宮城県】

2年ぶりに8時30分のフライトで神戸空港からスカイマークで宮城県仙台へ

ポケモン仕様で、飛行機のデザインから中の座席シートからカップまでポケモン仕様。

仙台空港から会場まで電車で移動し、国際センターに到着。

「おいしい山形・食材王国みやぎ ビジネス商談会」

商談会は午後からなので、事前に連絡を取っていた山形県の郷土漬物「だし」や「かぶら漬け」など山形県内で採れる野菜を使った漬物製造会社マルハチさんと個別商談を行いました。

わんまいるの副菜向けに塩分を調整し、かぶらを千切りにする等して香の物として採用したいと思っています。

久々の対面商談ですが、WEB商談より直接お会いした方がお互い話が伝わり易い。やっぱり顔見て商売せねばとつくづく感じました。午後からは個別商談。石巻市の山徳平塚水産様、仙台麩の山形屋商店様、女川町の水産会社 鮮冷様、干し魚の間宮商店様、気仙沼フカヒレの石渡商店様、塩釜のカネヨ山野部水産様、ブランド鶏「みやぎ森林どり」を扱うウェルファムフーズ様の7社と商談させて頂きました。ウェルファムフーズ様は、宮城に1次加工の工場がまもなく完成するらしく、地元で完結した商品づくりをしてほしいと依頼しました。

気仙沼の石渡商店様とは健幸ディナーで、かに玉などに使えるフカヒレの入ったあんかけを作ってもらえないか相談し、一度試作を作っていただくことになりました。

展示ブースでも数多くのメーカー様が出品されていて菅野食品の揚げはディナーの原料にぜひ使ってみたい。

ののこめしって何??【鳥取県】

今回は、鳥取県米子市で鳥取の郷土料理「ののこめし」を製造するこめや産業さんにお伺いしてきました。

こめや産業さんとは、2020年に米子商工会議所様よりご紹介頂き、定番の「ののこめし」をはじめ米飯や煮炊き物が得意なので、鳥取県産の食材を使った「大山鶏めし」や「鳥取県産 丹波黒豆おこわ」をわんまいるオリジナルで作って頂いています。

こめや産業さんは、昭和26年に食料品や塩等の日用品を販売する地元の商店として、創業し、売り物の生鮮野菜を活用して惣菜を作り出したそうで、そこからののこめしの製造がスタートしたそうです。ひとつひとつ手作りで作られていて、境港市や米子市のスーパーや百貨店に卸されています。そもそも「ののこめし」ってなんぞって感じですよね。ののこめしは別名で、本来は鳥取県西部で昔から親しまれている郷土料理で「いただき」と呼ばれていて、見た目はおっきないなり寿司です。

でも作り方や味が全然違い、油揚げの中に生米と根菜を詰めてだし汁で炊き上げます。「いただき」や「ののこめし」と呼び名が違うのは地区によるものだそうで、名前の由来は色々説があるみたいですが、近所にふるまわれたことから「いただく」という感謝の気持ちを表した説が強く、ののこめしの方は、当時、地元では綿の栽培が盛んで、綿を入れた「布子(ぬのこ)」と呼ばれる半纏(はんてん)の恰好が、ふっくらとして似ていたことから「ぬのこ」がなまって「ののこ」になったそうです。地元では学校の給食にもでてくるそうでほんと地元に根付いた料理なんですね。

今回は、「ののこめし」の製造現場を見学させて頂きました。具材は、国産の人参、ごぼう、干し椎茸の3種類で、全て細かく刻んで、大山山麓米と混ぜ合わせて、油揚げに詰め込みます。

 

油揚げに切れ込みを入れたり、具材を詰めるスピードはまさに職人芸です!


楊枝で止められた油揚げを大きな炊飯器に並べられ、

昆布と煮干のだし汁に醤油とザラメなどの調味料を使ってじっくり染み込むように炊き上げていきます。

炊飯器の中には落し蓋がしてあって、理由を聞くと、ガス釜の場所によって味の染み込み方が違うので落し蓋で均一にしているそうです。

45分で炊きあがり、そこから15分蒸らして出来上がり。ふっくらとまろやかな香りが工場内に充満していて、生唾を何度飲み込んだことか。。(笑)

わんまいるで扱う商品はこの出来立ての商品を急速冷凍しているんです。ぜひ鳥取県の郷土料理「ののこめし」ご堪能ください!

こんなサイズの穴子見たことない!【島根県】

昨日出雲で商談させていただいた浜田漁港水揚げの穴子を50年以上蒲焼き専門に加工され全国の穴子専門卸経由で寿司屋や飲食店などで販売されている浜崎直祐商店様に訪問しました。

浜田市は出雲市から車で約2時間。これでも高速が伸びて時間が短縮された方で、島根県は東西が長い。。浜崎専務にご対応いただきました。

昨日刻み穴子を試食しましたが、今日は1尾ものの浜田水揚「大穴子の蒲焼」と「大穴子の白焼き」を試食させていただきました。

見た目はもう鰻です。大穴子は300g近くあり鰻といってもわからないくらいです。穴子といっても一般的に回転すしで出回るあなごはマルアナゴといって海蛇で、宮城県に多いイラコアナゴというものはハモに属します。本当のあなごといえるのは真あなごと呼ばれるものだそうです。

もちろん浜田直祐商店では真あなごだけを50年間い取り扱いっています。社長は御年90歳で現在でも毎朝浜田漁港へ出向き目利きしているとのこと。現在仕入れている産地は、島根県産100%ですが、水揚げ量によっては山口県の萩や長崎県の対馬産を仕入れていて、良いものがなれれば仕入れないこだわりよう。

現場を見学しながらお話を伺うと、新鮮なうちに捌いて、一日樽に丁寧に寝かさせて、翌朝ガス火の遠赤外線機で焼き上げる。

樽に丁寧に寝かす事によって弾力ある食感が味わえるそうです。現場では手際よくあなごをさばいていて、1尾さばくのに約20秒。。1日に3000匹を処理するそうです。

ひな祭りのシーズンが終わりひと段落。節句の時期はお寿司のニーズがあり忙しくなるそうです。年末のおせちの食材として活用したり、大穴子の蒲焼刻みはご飯に間にはさんで蒸してレンジでチンして食べられるように「穴子蒲焼刻みのむまし飯」として売り出そうと思いました。

 

島根県産品マッチング商談会に出席【島根県】

コロナ禍により、商談や出張がなくなり、商談もWEB商談がニューノーマルになりました。緊急事態宣言も発令され外出する機会が減りましたが、今回1年ぶりに島根県庁ブランド推進課主催の商談会に参加してきました。通常伊丹出雲便は1日2便あるのですが、減便で1便。。伊丹空港ロビーはまだ閑散としてるのですが、プロペラ機ということもあって満席状態。。

空港では、ブランド推進課の川上さんが出迎えて頂き、会場である出雲市の朱鷺会館まで車で移動。

さすがに会場では厳重な感染予防対策がされています。

東京一都三県がまだ緊急事態宣言中とあって、関東方面からのバイヤーはWEB商談になっています。

現地でも対面の飛沫を防ぐために防護ガードが置かれた中での商談です。

1社目は、出雲市で創業95年を迎える出雲蕎麦製麺会社の米山萬商店様。こちらは、奥出雲産のそば粉を一本挽きにして塩を一切使用せずに打ち立ての生蕎麦をその場で釜茹でして、急速冷却、急速冷凍までされています。なんと冷凍麺は30年前から初めているとのことで驚きです。出雲そばを作る会社は多くありますが、冷凍をしている企業はありません。

弊社でも昨年より水道水で簡単にほぐれる出雲そばを期間限定で発売しました。今回は、親戚関係でもある地元お茶メーカー「桃翠園」のお茶を使った茶そばを販売するとご提案頂きました。「八十八夜の茶そば」や敬老の日の「長寿蕎麦」中秋の名月の「月見蕎麦」年の瀬の「年越し蕎麦」などを検討したいのでさっそく試食してみたいと思います。

2社目は、あごの焼き (飛魚のすり身の竹輪)や魚肉天ぷらでお世話になっている出雲国大社食品様。今回は、変わり種の小さいサイズ「おつまみ天ぷら」3種(玉ねぎ・ごぼう・タコ)の提案を頂きました。ちぎり天のようで、ビールのおつまみにピッタリ。早速わんまいる専用のレンジ対応袋に入れてもらうようお願いしました。

又、玉ねぎ天ぷらも美味しいので年越し蕎麦向けに大きさを調整して試作を頼み、焼きムラが出来る竹輪のB級品をおかずセットメニューに採用させてもらいたく見積もりをお願いしました。

3社目は、浜田市で穴子蒲焼き専門に50年余りの浜崎直祐商店様から大穴子蒲焼きと蒲焼きの刻みの提案を頂きました。その場で刻み穴子蒲焼きを試食させていただきましたが、、刻んであるのにしっかりとした弾力のある食感。コレならひつまぶしに混ぜたり、胡瓜と一緒に酢の物にしてもおもしろい。翌日に作業現場を見せて頂けるとのことで楽しみです。

 

4社目の商談は、わんまいるで大人気の石見ポークの精肉加工会社ディブロ服部社長と商談させていただきました。

肩ロースを試食させて頂きました。ロースより肩ロースの方が脂が程よく入っていて身が柔らかく、旨味があるそうなので、健幸ディナーのトンステーキに肩ロースを使えないか確認させて頂きました。

5社目は、浜田市が本社で漁船6隻を保有し最近水産加工食品製造を始められた浜田あけぼの水産様と商談。のどぐろを秘伝のたれに付け込んだ「のどぐろの味醂干し」を試食させていただきました。

生産能力や衛生管理が規定に満ちていないので、直ぐにはお取り扱いができませんが、産業センターと共同せ開発している低温で燻製する冷燻という商品は非常に興味があります。

予定の商談が終わり、朱鷺会館を後にして出雲市内でオードブル・お寿司・ お弁当、仕出しの持ち帰り&デリバリーをしているおいしさ工房 ふるかわ様を訪問。


今回、島根県内のご当地食材を使ったミールキットや年末のおせち料理を作って欲しいと依頼にきました。既に10年前からおせち調理の受注をされており、出雲蕎麦や仁多米のお餅のセットなど仕送りおせちと題して販売され、毎年受注数量が伸びているのと事。


又、お食い初めセットも行っているので、弊社のお取引ある生産者さんの食材や原料を取り入れたオリジナルセットの
取り扱いに向けて話を進めていきます。