わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (10/8~10/14お届け分)

コロナウィルス感染拡大、円安、ロシアのウクライナ侵攻、欧州の記録的な干ばつ等で世界的に食糧難となり様々な価格が高騰しています。弊社では創業以来、国の自給率向上に努めて来た事から多くの生産者の協力により、欠品や大幅な値上げをせずに夕食のおかずセットをご提供出来ています。高齢者や一人暮らし世帯、働く主婦が増え、材料から買って作るより経済的で、家事負担軽減につながると言う事から冷凍のおかずセットを販売する会社が増える中でも国産食材を100%使用し、合成保存料無添加はわんまいるだけ。しかも和食・洋食・中華などそれぞれ得意な専門調理会社で製造して自社センターで主菜・副菜をセット組みし、5食単位で定期お届けしているも僕のこだわりです。すべては美味しく、飽きずに、好き嫌いなく、健康的に召し上がっていただきたい思いからです。それでは今週お届けする献立メニューを紹介させていただきます。

1食目の主菜は、「北海道産にしんの開き」です。100年ぶりに大漁かと思えばロシアとの摩擦で値段が倍に、もしかすると食べ納めになるかも知れません。秋刀魚と真ホッケを足して割ったような味わいで、身が厚く脂の乗りもいいです。ニシンは、EPAやDHAといった不飽和脂肪酸やタンパク質が豊富です。また骨や歯を作るカルシウムも豊富に含まれています。副菜には、大根・人参・ごぼうといった根菜を炊き合わせた「根菜の旨煮」と、鰹節が香るあっさりした風味の「青梗菜とうす揚げのおかか和え」をセットにしました。カルシウムが摂れるニシンや青梗菜。丈夫な歯や骨を作り、お子様から高齢者まで積極的に摂りたい栄養素ですね。

2食目の主菜は、「北海道産助惣鱈の魚肉てんぷら」です。北海道産の助惣鱈のすり身と自家製豆腐と玉ねぎ・人参・ひじきをパン粉と卵白で練り揚げました。タンパク質豊富で食感も柔らかです。お好みでわさび醤油やしょうが醤油でお召し上がり下さい。副菜には、彩りも良く、優しい味わいに仕上げた「茄子、人参とかぼちゃの揚げびたし」と、シャキシャキのもやしを、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維など栄養たっぷりの胡麻で和えた「もやしの胡麻和え」をセットにしました。

3食目の主菜は、「鶏肉と筍、白ねぎの炒め煮(がめ煮)」です。大分県産の白ネギと国産筍、国産鶏もも肉を使った照り焼きを地元の鶏肉調理会社デリカフーズ大塚さんに作ってもらいました。福岡県の郷土料理のひとつであるがめ煮は、食材から出るだしや旨みを生かした煮物です。筍はたんぱく質や食物繊維を含み、体の余分な塩分を水分と一緒に排出してくれる働きがあるカリウムも豊富に含まれています。僕は大分特有の甘口醤油ダレの料理が大好きです。副菜には、素材に味がよく染み込んだ「仙台麩と切り干し大根の煮物」と、ビタミン、ミネラルが豊富な小松菜とこんにゃくを使い、ゴマ油の風味と豆腐のコクが良い相性の「小松菜とこんにゃくの白和え」をセットにしました。

4食目洋食メニューの主菜は、「ロールキャベツ トマトソース煮」です。国産豚肉100%使い、ひとつずつ手巻きして、トマトソースで煮込みました。トマトに含まれるリコピンは抗酸化作用があり、キャベツと一緒に摂るとキャベツの胃腸を守る働きも高めてくれて相性が良いんです。副菜には、ビタミンCを多く含んだじゃがいもを使い、バターで味付けした「じゃがバタ―コーン」と、サラダの位置づけとしてマヨネーズで味付けた「ひじきと枝豆のサラダ」をセットにしました。

5食目の主菜は、「大山豚とキャベツの味噌炒め」です。良質な伏流水で育てられたので臭みなく豚肉の旨味成分イノシン酸とキャベツの旨味成分グルタミン酸と発酵食品の味噌の旨味の相乗効果で美味しくて栄養価の高いメニューです。 副菜は、昭和35年創業の東京都杉並区の中華食材製造卸の隆峯さんに作ってもらった春巻き餃子を大阪西区の吉フーズさんに揚げた「揚げ春巻餃子」と、甘味が引き立った「ふかしさつま芋」をセットにしました。

来週もお楽しみに!

わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (10/1~10/7お届け分)

多くのお客様からご利用を頂き、今年も9月1日で創業34周年を迎える事が出来ました。心から御礼申し上げます。創業以来一般のご家庭を対象に宅配専門に日本全国各地の旨いものをお届けして参りました。その地域で長年食べ継がれて来た専門店の味を大切に、それぞれ得意とする専門調理会社に委託製造して神戸市東灘区のわんまいる冷凍センターで主菜・副菜セット組みしてお届けしています。調理会社にも和食・洋食・中華とそれぞれ得意不得意があります。同じ調理施設ですべてを作ると似たり寄ったりの味になり飽きてしまいます。大変面倒でコストは高くつきますが、料理に合わせて調理会社を選別して製造しています。すべては「美味しかったわ」の声を多くのお客様から聞きたくて取り組んでいます。では今週お届けする献立メニューをご紹介します。

1食目の主菜は、「宮城県産目鯛の照り焼き」です。ブリの外道として釣れる高級魚ですが、鮮度落ちが速いためスーパーなどには出回らない魚なんです。淡白で脂が程よく乗り食べ易くて美味しいです。目鯛は、免疫力を高めてくれるビタミンAが多く含まれています。副菜には歯ごたえの良い「きんぴらごぼう」と多種類のミネラル1日分を摂ることができるといわれるくらい栄養満点な食材の高野豆腐をふくよかな甘さに仕上げた「高野豆腐の炊き合わせ」をセットにしました。

2食目の主菜は、「三陸産 金華さばの煮付け」。宮城県閖上漁港近くで水産物の加工・製造まで行う海祥さんで、真空個包装調理してもらった身はフワフワで味もしっかり染込んで、腹骨は取っているので食べ易く、本来の日本の鯖の味が味わえます。さばには、良質なたんぱく質や、脂質、ビタミン、鉄などが豊富です。副菜には、シャキッとした食感が楽しめ、ツンと来ないお酢加減に、あっさりして美味しい「大根と人参のなます」と味が食材にじっくり染み込んだ「最上まいたけと玉ねぎの卵とじ」をセットにしました。食物繊維の一種であるβグルカンが豊富に含まれているまいたけ。βグルカンは、免疫力をアップしてくれる効果があるんです。

3食目の主菜は、「国産牛肉のすき焼き」です。明治初期淡路島で創業され多くのホテルやレストランに収めている沖物産さんに調理していただきました。出汁が乗りやすくすることと、柔らかくするのに薄さ1mmスライスにこだわった牛肉に、白菜、玉ねぎ、白ねぎ、ほうれん草と野菜もたっぷり入っていて、砂糖使わず本みりんと清酒と醤油だけで納得するまで何度も試作を重ねて作った自信作。副菜には味が良くしみ込んだ「揚げだし豆腐」と、群馬県大田市特産の大和芋を使った「味付け山芋とろろ」をセットにしました。山芋は、食物繊維が豊富でねばり成分は、胃の粘膜を保護して消化機能をアップしてくれる効果があります。優しい味付けにしましたので、温かいご飯にかけて召し上がっていただくのもオススメです。

4食目洋食メニューの主菜は、「桜島どりのパンプキンチャウダー」です。鹿児島産のブランド鶏「桜島どり」に、南瓜・玉ねぎ・人参を加えてチャウダーに仕上げました。野菜の中でもトップクラスのカリウムを含むかぼちゃ。高血圧やむくみの予防にも効果があります。副菜には、トロッとした食感がくせになるトマトの酸味が爽やかな「茄子のトマト煮」とキャベツと枝豆を使った「キャベツと枝豆のコールスロー」をセットにしました。

5食目中華メニューの主菜は、「石見ポークの挽肉の麻婆茄子」。脂身が少なくて赤身が美味しく、熱を加えることでさらに美味しさが増す島根県邑南町の石見ポークの挽肉を使い、程よい辛さに仕上げました。とろりとした茄子の食感がたまりません。副菜には、柔らかい歯ざわりの「国産チキンナゲット」と、コリコリとした食感と噛むほどに口の中に旨味が広がる山形県最上郡特産「秘伝豆」の塩ゆでをセットにしました。カルシウムがたくさん摂れるので、骨粗しょう症の予防などにも効果があります。

今週も北は山形県、宮城県、南は九州大分県まで各地のホテルや旅館・レストランなどの収めるプロ仕様の専門調理会社8社様に調理いただきました。来週もお楽しみに!

わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (9/24~9/30お届け分)

いつも冷凍タイプのミールキット「わんまいる健幸ディナー」をお召し上がりいただきまして、ありがとうございます。わんまいる代表の堀田です。
1988年(昭和63年)9月1日、開業資金が足らず創作料理の店を諦め9坪の建売住宅をローンで購入し一階3坪のガレージで宅配専門店を開業して34周年を迎える事が出来ました。日本各地を回り地酒やご当地米、郷土料理、ご当地グルメ、こだわりの生産者と出会い地元食材を使った創作料理を販売し、お客様からの要望で買い置き出来る真空パック冷凍食品の開発を行ない、栄養バランスを考えた夕食の献立を週5日間セット「健幸ディナー」を発売し、テレビ通販・ラジオショッピング、そしてネット通販で販売、有名ホテルやレストランと提携した冷凍食品やファーストクラスで使われている高級冷凍パンやスープ・味噌汁まで幅広い品ぞろえをして神戸市東灘区のわんまいる専用冷凍センターから日々出荷しています。いくつ買っても送料はひとつ(わんまいる)でお届けします。各地域の食材地を使ったそれぞれ得意な専門調理会社の味を主菜・副菜セットでお届けしています。

1食目の主菜は、「高知県産 ぶりの照り焼き」です。高知県産 養殖の勝ぶりを大正14年創業の神戸市中央卸売市場の魚屋さんにてガス火の遠赤外線焼台で職人により手焼きしてもらい、特製の甘タレを加えて照り焼きに仕上げました。甘辛だれが、ご飯にとても合う人気の一品です。副菜には、野菜の旨味を封じ込めるためにさっと素揚げして、具材全体にじっくりと出汁を染み込ませた「茄子、人参、おくらの揚げ浸し」と山形県村山地方の郷土料理で野菜を細かく刻んで調味料でからめて生のまま手軽に食べられる「山形のだし」を副菜にセットしました。ごはんの上にのせて食感をお楽しみください。オクラは、ビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養がたっぷり。オクラのネバネバは、腸内環境を整える働きがあります。

2食目の主菜は、「三陸産 目鯛の煮つけ」です。目鯛は、鮮度が落ちるのが早いので通常は地元で寿司ネタや刺身として消費されます。今回、宮城県で水揚げされた目鯛を急速冷凍し、冷凍の状態で切り身に一次加工し、それを総菜加工メーカーでタレと一緒に袋に入れて、個包装真空調理しました。目鯛は小骨が少ないので食べやすく、淡白な味わいです。副菜には、ごま油の風味を効かせた「じゃが芋と高菜の炒め物」とコリコリした食感でタンパク質豊富な山形県最上郡特産の秘伝豆を使った「秘伝豆と大豆の旨煮」をセットにしました。

3食目の主菜は、「東北産 みやぎ豚丼の具」です。豪雪地帯で知られる宮城県と山形県の県境にそびえる蔵王連峰の太平洋側の緩やかな斜面で養豚された東北産豚と玉ねぎを使い、多くの牛タン専門店のメニューの製造を手掛ける宮城県のフクベイフーズさんに醤油ベースで仕上げてもらいました。玉ねぎの甘味と豚肉の旨味がマッチしてご飯が進む一品です。ごはんに乗せて煮汁をかけてつゆだくでお召し上がり下さい。副菜には食材に出汁がよくしみ込んだ「厚揚げとわかめの旨煮」とさっぱりと箸休めとして「白菜と人参の甘酢漬け」をご用意しました。副菜に使用したわかめは、低エネルギーで食物繊維が豊富。肥満や、生活習慣病予防に効果があります。わかめのぬめり成分は高血圧予防にも。日頃から積極的に摂りたい食材です。

4食目主菜は、「具材たっぷりビーフシチュー」です。多くのホテルで使われている淡路島で明治初期に創業された沖物産さんにて、国産の牛肉と、じゃが芋、淡路島産の玉ねぎと人参を旨味が詰まったフォンドボーをベースにじっくり仕上げました。副菜には、ビタミンC、食物繊維が豊富な豆もやしと、鉄分の吸収を良くし貧血予防効果があるほうれん草を使った「ほうれん草と豆もやしのソテー」と、胃腸を守る働きがあるキャベツを使った「コールスロー」をセットにしました。

5食目の中華主菜は、「鶏むね肉の中華風ピリ辛炒め」です。低脂質、高タンパク質でヘルシーな鶏むね肉を揚げて玉ねぎとピーマンと一緒にピリッっと辛みをつけて仕上げました。ご飯がすすむ一品です。副菜にはゴマ油香る炒め物「トマトと卵の中華風」と、βカロテンを豊富に含む小松菜を使った、ごまの風味が香る「白菜と小松菜の中華風お浸し」をセットにしました。

来週もお楽しみに!

わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (9/17~9/23お届け分)

23歳で結婚を機に大阪市港区弁天町駅前の居酒屋の店長に抜擢され依頼、飲食に関わり38年間携わりお客様から「美味しかった」「有難う」「助かるわ」の声を聞きたくて常に品質と美味しさを追求しています。そこで最も大切なのが「食材」です。良質な食材に替えるだけで食味がガラッと変わります。昨日もガス器具大手メーカー「パロマ」さんのテストキッチンで依頼された冷凍ミールキットの試作をしに訪問し、石見ポークの酢豚や野菜炒めをセンター長に試食いただくと、この豚肉凄く美味しいですねと言われました。僕自ら全国各地を回り自分の目と舌とで探したお気に入りの食材を使った主菜・副菜のおかずセットをお届けしています。では今週の献立メニューをご紹介します。

1食目の主菜は、「宮城県産 金華さばの塩焼き」です。世界三大漁場の一つ「三陸」その中でも親潮と黒潮が交わる漁場金華山周辺の根に生育する回遊しない鯖で、一番近い漁港、宮城県石巻で水揚される鯖は「金華鯖」と呼ばれ、水揚された鯖を直ぐにフィレ加工してもらいました。旨味をぎゅっと閉じ込めていて、やわらかく食べやすいです。副菜には「なめこおろし」をご用意。鉄や亜鉛などのミネラルが豊富なさばに、大根おろしを組み合わせることにより、大根に含まれるビタミンCがこれらの吸収率を高める働きをしてくれるんです。それに、出汁がよく染み込んでふっくらとした「ほうれん草、人参、厚揚げの炊き合せ」をセットにしました。

2食目の主菜は、「青森県産いか、大根と厚揚げの炊き合わせ」です。イカ釣り漁船「第八十八吉丸」が青森県八戸漁港で水揚したムラサキイカに大根と厚揚げを使い、出汁を効かせてじっくりと炊き上げました。副菜には、人参を入れて彩りをつけた「小松菜と人参のお浸し」と、緑黄色野菜の中でも栄養豊富なかぼちゃとしめじを組み合わせた「かぼちゃとしめじの煮物」をセットにしました。しめじのビタミンDは、小松菜などに含まれるカルシウムの吸収率をアップさせる働きがあるんですよ。

3食目の主菜は、宮城県のブランド鶏「みやぎ森林どり」を使用した「みやぎ森林どりの筑前煮」です。地元東松島市の石川食品さんで加工した筑前煮は、鶏の出汁が野菜に染込んで口に入れると旨味が口いっぱいに広がります。僕はいつも汁まで飲み干してしまいます。根菜類が摂れて、栄養バランスのよい筑前煮は、歯ごたえもあり満腹感もあります。副菜には、厚焼き卵に野菜を加えて栄養アップさせた「五目厚焼玉子」と、油でサッと揚げる事で出汁が染込み美味しくなる茄子を味噌仕立てにした「茄子の揚げ煮 味噌風味」をご用意。トロっとした食感をお楽しみください。茄子のナスニンは油と相性がよく、油分と一緒に食べると体への吸収率がアップします。

4食目洋食メニューの主菜は、「宮城県のブランド鶏「みやぎ森林どり」を使用した「みやぎ森林どりの筑前煮」です。地元東松島市の石川食品さんで加工した筑前煮は、鶏の出汁が野菜に染込んで口に入れると旨味が口いっぱいに広がります。僕はいつも汁まで飲み干してしまいます。根菜類が摂れて、栄養バランスのよい筑前煮は、歯ごたえもあり満腹感もあります。副菜には、厚焼き卵に野菜を加えて栄養アップさせた「五目厚焼玉子」と、油でサッと揚げる事で出汁が染込み美味しくなる茄子を味噌仕立てにした「茄子の揚げ煮 味噌風味」をご用意。トロっとした食感をお楽しみください。茄子のナスニンは油と相性がよく、油分と一緒に食べると体への吸収率がアップします。

5食目中華メニューの主菜は、「天津玉子の中華あんかけ」です。高級寿司屋から学校給食まで玉子焼きを納めている、富山市の玉子焼き専門調理会社の三和製玉さんに作ってもらっていて、トロっとして滑らかな玉子と細かく刻んだ椎茸とねぎのピーマンをオイスターソースで仕立てたあんと絡み合って満足いただける一品です。副菜は神戸市元町の中華街を主に関西の中華料理店に卸されている点心専門のタイカイさんが作った豚の旨味がぎゅっと詰まった「国産ポーク焼売」とピリッと辛みを効かせ味の変化を楽しんでいただきたく、「茄子、玉ねぎとピーマンのチリソース」をセットにしました。

来週もお楽しみに。

わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (9/10~9/16お届け分)

弊社の企業サイトに定期的ブログ投稿してくれている友人の免疫学専門の医学博士廣瀬先生はじめ数多くの先生方から人間は生まれた土地で摂れた食材を食べるのが一番体に適していると聞きます。栄養バランスや適糖・適塩もさることながら美味しさを重視する健幸ディナーにとって食材が一番重要だと思っています。そこで大事なのは自分の目と舌で食材を確かめる事、畜産関係だとどのような環境で育てられているのか、又、生産・加工・流通・販売まで一貫した取り組みが重要だと思っています。前もってこれだけ必要と生産地に伝えるから食材が新鮮、一気通貫で一次加工・調理までスムーズに行う事が品質と美味しさのポイントです。今日も日本各地の食材を使い、各専門調理会社に作ってもらったおかずセットをお届けします。

1食目の主菜は、「北海道産 秋鮭の塩焼き」です。西日本最大を誇る大阪市中央卸売市場の水産仲卸会社に頼み、無塩の北海道産の鮭を買い付けて切り身にして2%の塩水に漬け込み、しなやかに焼き上げた肉厚の鮭の塩焼きです。ポロッと身が取れて旨味がギュッと詰まっていてジューシーです。副菜には食物繊維豊富なごぼうに牛肉の細切れを甘辛く炊き上げた「ごぼうの旨煮」と旨味が凝縮した切り干し大根をさっぱりと箸休めとして採用した「切り干し大根の甘酢漬け」をセットにしました。

2食目の主菜は、「瀬戸内海産 太刀魚の南蛮漬け」です。香川県さぬき市の水産会社安岐水産さんに、地元瀬戸内で獲れる太刀魚を、丁寧に身だけをカットにしてサッと油で揚げた後、鳴門産のわかめと生ねぎと人参を加え、まろやかな酸味の米酢と出汁で南蛮漬けに仕上げました。骨も取り除いて食べ易く、流水解凍で冷たくお召し上がり下さい。副菜には、石見ポークを使った「茄子のそぼろあん」と、徳島県阿波市の野菜加工食品製造会社徳冷さんが作る和惣菜の定番、低カロリーで栄養のある「ほうれん草とこんにゃくの白和え」をセットにしました。

3食目の主菜は、「国産鶏の照り焼き」です。九州の契約養鶏場の若鳥を使用し、表面の皮をこんがり焼いた鶏モモ肉の照り焼きで、柔らかくて弾力のある身でジューシーな味わいです。湯煎調理後トースターで3分程炙っていただくとさらに焼きたての味が楽しめます。副菜には、玉ねぎと茄子を使ってトマトベースで煮込んで、野菜からの旨味がたっぷりでた南フランス発祥の料理「彩野菜のラタトゥイユ」と、低脂肪高タンパク質で、ビタミンやミネラルが豊富な栄養満点の3種豆を使い、さっぱりと味付けをした「3種豆とキャベツのサラダ」をセットにしました。

4食目の主菜は、「ミートオムレツ」です。昭和36年創業した東京の老舗業務用卵調理専門会社すぐる食品さんに作ってもらっています。主菜には少し小さいかなぁと思いますが、フワフワでトロっして美味しいです。副菜は、ビタミンC、食物繊維や、胃腸を丈夫にするビタミンUを含むキャベツを、カレー風味で味変を楽しんでいただきたく「キャベツと豆もやしのカレー炒め」と細切りにした人参と鶏肉を炒めた彩りの良い「人参しりしり」をセットにしました。

5食目の中華メニューの主菜は、「石見ポークの挽肉で作った麻婆豆腐」です。大きめにカットした豆腐を使い、麻婆ソースには赤身がおいしい石見ポークの挽肉を使ったボリューム満点の麻婆豆腐。豆板醤を控えめにして辛さを抑えました。ご飯にかけてもそのままでも満足の一品です。副菜には、鶏の旨味があふれ出て美味しい「とり天」と、ビタミンC、葉酸、ビタミン類、食物繊維などを含み、栄養価の高いブロッコリーを「ブロッコリーの中華風おひたし」にしてセットにしました。

来週もお楽しみに。