わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (5/21~5/27お届け分)

弊社は平成7年1月17日の阪神・淡路大震災の教訓から持続可能な経営方針として自社セントラルキッチンを持たずに北海道~九州・沖縄まで生産・加工・流通・販売まで一貫した「食」のサプライチェーンを構築する事により東日本大震災の際も品切れすることなく食のご提供を行う事が出来ました。「餅は餅屋に聴け」の如く、主菜・副菜などそれぞれ得意とする専門の食品製造会社と提携する事でご当地食材を取り入れた美味しく飽きが来ない献立メニューをご提供させていただいています。では今週お届けする献立をご紹介させていただきます。

1食目の主菜は、「北海道産 鮭の塩焼き」です。西日本最大規模を誇る大阪中央卸売市場の水産仲卸 鮮食さんに頼んで無塩の北海道産鮭を買い付けてもらい、市場川向にあるの吉フーズさんで2%の塩水に漬け込んでもらいました。トースターで3分ほど炙っていただくと香ばしくなります。ポロッと身が取れて旨味がギュッと詰まっていいます。副菜には、コリコリとした食感と噛むほどに口の中に旨味が広がる山形県最上郡特産「秘伝豆」の塩ゆでと、味が食材にじっくり染み込んだ「山形最上まいたけと玉ねぎの卵とじ」をセットにしました。食物繊維の一種であるβグルカンが豊富に含まれているまいたけ。βグルカンは、免疫力をアップしてくれる効果があるんです。

2食目の主菜は、「宮城県産 金華さばの煮付け」。宮城県石巻漁港で水産仲買と加工・製造まで行うミノリフーズさんで、真空個包装調理してもらった身はフワフワで味もしっかり染込んで、腹骨は取っているので食べ易く、本来の日本の鯖の味が味わえます。さばには、良質なたんぱく質や脂質、ビタミン、鉄などが豊富です。副菜には食物繊維豊富なごぼうに牛肉の細切れを甘辛く炊き上げた「ごぼうの旨煮」と、強い抗酸化作用があり、β-カロテンが豊富な青梗菜を使って鰹節が香るあっさりした風味の「青梗菜とうす揚げのおかか和え」をセットにしました。

3食目の主菜は、宮城県のブランド鶏「みやぎ森林どり」を使用した「みやぎ森林どりの筑前煮」です。地元東松島市の石川食品さんで加工した筑前煮は、鶏の出汁が野菜に染込んで口に入れると旨味が口いっぱいに広がります。僕はいつも汁まで飲み干してしまいます。根菜類が摂れて、栄養バランスのよい筑前煮は、歯ごたえもあり満腹感もあります。副菜には、厚焼き卵に野菜を加えて栄養アップさせた「五目厚焼玉子」と、箸休めとして胡瓜のパリッとした食感が楽しめるさっぱりとした味わいの「わかめと胡瓜とじゃこの酢の物」をご用意しました。

4食目洋食メニューの主菜は、「宮崎県産黒毛和牛と黒豚のデミグラスソースハンバーグ」。宮崎の食材を宮崎県西都市で創業された県内有数の畜産精肉加工販売まで手掛ける中村食肉さんに作ってもらった逸品。黒毛和牛と黒豚を黄金比率で練りこみ、洋食屋やレストランで出されるような味を楽しめます。副菜には、彩りが鮮やかな「ほうれん草とコーンのソテー」と、添えとして、「北海道産じゃが芋ポテトフライ」をご用意しました。

5食目主菜は、「鶏むね肉のチリソース」です。国産鶏むね肉をフリッターのように揚げて玉ねぎとピーマンと一緒にピリッと辛みをつけて仕上げました。ご飯がすすむ一品です。副菜には、食物繊維、カリウム、ビタミンC、葉酸などを多く含む豆もやしをさっぱりとした中華風お浸しにした「豆もやしの中華風ナムル」と昭和35年創業の東京都杉並区の中華食材製造卸の隆峯さんに作ってもらった「春巻き餃子」を大阪西区の吉フーズさんに揚げてもらいました。餃子好きの僕が納得した一品です。春巻きにあるニラは、ビタミン、葉酸、食物繊維などを含みます。野菜をたっぷり使った中華の献立にしました。

来週もお楽しみに!

わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (5/14~5/20お届け分)

1988年(昭和63年)9月1日独立創業以来34年間日本各地を回り自分の目と舌とで確かめ、お客様へご提供すれば喜んでいただけると思う食材やご当地グルメを頼み込んで仕入れたり、作っていただくなど、試作と試食を繰り返し納得したものだけを神戸市東灘区のわんまいる冷凍センターに入荷させて主菜・副菜「三菜」のおかずセットにして毎週お届けしています。単品でも和洋中のおかずをはじめ、ホテルや有名店の味やご当地グルメ、麺類や軽食も味噌汁やスープ類に冷凍パンまで随時品揃えして一品から選んで購入でき、一度にいくつ買っても送料はひとつでお届け(わんまいる)します。三重県尾鷲水揚げの天然まぐろのど旨い漬けや広島餃子ぶちうまい一口餃子などおすすめの商品も沢山あるので健幸ディナーに添えて楽しんで下さい。それでは今週お届けする健幸ディナー1154号の献立をご紹介させていただきます。

1食目の主菜は、「宮城県産 金華さばの塩焼き」です。世界三大漁場の一つ「三陸」その中でも親潮と黒潮が交わる漁場金華山周辺の根に生育する回遊しない鯖で、一番近い漁港、宮城県石巻で水揚される鯖は「金華鯖」と呼ばれ、水揚された鯖を直ぐにフィレ加工してもらいました。旨味をぎゅっと閉じ込めていて、やわらかく食べやすいです。副菜には「なめこおろし」をご用意。鉄や亜鉛などのミネラルが豊富なさばに、大根おろしを組み合わせることにより、大根に含まれるビタミンCがこれらの吸収率を高める働きをしてくれるんです。それに、出汁がよく染み込んでふっくらとした「ほうれん草、人参、厚揚げの炊き合せ」をセットにしました。

2食目の主菜は、「あじとごぼうつくねのトマト八丁味噌煮」です。鳥取県境港のご当地グルメ大賞受賞歴のあるあじとごぼうつくねを使い、トマトと八丁味噌で煮込みました。トマトの旨味が八丁味噌と溶け合って洋風料理でもマイルドで懐かしい味わいになるんです。味噌に含まれる大豆たんぱく質は必須アミノ酸がバランスよく含まれています。副菜は、良質のたんぱく質、脂質を含み、カルシウム、カリウム、ビタミンB1、食物繊維をバランスよく含んだ栄養満点の大豆を使い、昆布の旨味が感じられる「大豆の五目煮」とさっぱりと箸休めとして「白菜と人参の甘酢漬け」をご用意しました。

3食目の主菜は、「大山豚とキャベツのチャンプルー」です。山陰の富士山と称される鳥取県の大山麓で育てられた大山豚とキャベツをごま油の風味をつけて醤油ベースで炒めてあります。豚肉の旨味成分イノシン酸を含む不飽和脂肪酸とキャベツの旨味成分グルタミン酸と相性が良く相乗効果で美味しいです。副菜には、石見ポークの挽肉を絡めてほくほくとした食感の「じゃが芋の煮ころがし」をご用意。じゃがいもには、ビタミンCだけでなく食物繊維も豊富で、腸内のコレステロール排出を促進して、腸内環境を整えてくれる働きもあるんです。それにサラダの位置づけとしてマヨネーズで味付けた「ひじきと枝豆のサラダ」をセットにしました。

4食目洋食メニューの主菜は、「チキン南蛮」です。元は洋食屋のまかない料理を独立した店主がタルタルソースを添えてメニューとして販売した事から広がり、一般家庭でも作られるようになり全国に知れ渡ったと聞いています。むね肉なので見た目よりヘルシーです。副菜には、しっかりと野菜を摂っていただきたいと思い、じゃがいも、人参、ブロッコリーを使った「温野菜サラダ」とトロッとした食感がくせになるトマトの酸味が爽やかな「茄子のトマト煮」をセットにしました。

5食目主菜は、「天津玉子の中華あんかけ」です。高級寿司屋から学校給食まで玉子焼きを納めている、富山市の玉子焼き専門調理会社の三和製玉さんに作ってもらっていて、トロっとして滑らかな玉子と細かく刻んだ椎茸とねぎ、ピーマン、人参をオイスターソースで仕立てたあんと絡みあわせて満足いただける一品です。副菜は神戸市元町の中華街を主に関西の中華料理店に卸されている点心専門のタイカイさんが作った豚の旨味がぎゅっと詰まった「国産ポーク焼売」とピリッと辛みを効かせ味の変化を楽しんでいただきたく、「茄子、玉ねぎとピーマンのチリソース」をセットにしました。

今週も全国各地のご当地ブランド食材を取り入れた献立をお届けしました。

わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (5/7~5/13お届け分)

新型コロナウィルス感染がようやく落ち着いたかと思いきや、またもや変異型の感染が拡大傾向にあり警戒されています。わんまいるにブログを投稿してくれている元大阪大学免疫学専門の医学博士廣瀬真由美先生は最初から一貫して免疫力を落とさない事が重要、睡眠をよく取り栄養バランスの良い食事を心がけ、適度な運動を行う事と言われています。特に豚肉に含まれるビタミンB1は疲労回復に効果的と言われ、豚肉や魚に含まれる不飽和脂肪酸は善玉コレステロールを増やしてくれます。わんまいるでは、たんぱく質主体の魚・鶏・豚肉をメインの主菜に取り入れ、ビタミンや食物繊維を多く含む野菜を副菜に多く取り入れています。僕は歩く量が少ないのでご飯の量を軽めに食べてスポーツジムで体をしっかり動かした日はわんまいるの通販サイトからエネルギーが取れる広島餃子など単品を同梱して購入し一緒に食べています。お陰様でコロナに感染せず風邪もひかず3年間暮らせています。それでは今週お届けする献立メニューをご紹介させていただきます。

1食目の主菜は、「北海道産 天然ぶりの照り焼き」です。養殖とは異なり、引き締まった身をスチームコンベクションで調理し、特製の甘タレを加えて照り焼きに仕上げました。市場では養殖が多い中、天然ならではの味覚をお楽しみ下さい。甘辛だれが、ご飯にとても合う人気の一品です。副菜には、「茄子のそぼろあん」と箸休めとしてなめらかな食感を楽しめる「なめことこんにゃくの白和え」をセットにしました。豆腐の豊富なたんぱく質を摂ることができる白和えは、カリウムや食物繊維などがとれる食材と組み合わせることにより、栄養バランスがよくなります。和食の定番の一品ですね。

2食目の主菜は、「三陸北海道産 たらの煮つけ」です。三陸から北海道にかけて獲れる真だらを宮城県石巻漁港の水産加工会社ミノリフーズさんに一次加工から最終調理までしていただきました。タレがじっくり染み込んでいます。海外産の冷凍たらにはないふっくらとした食感をお楽しみ下さい。たらは、低脂肪、高タンパク質な魚です。また、ビタミンの働きを助けるミネラルが豊富に含まれています。副菜には多種類のミネラル1日分を摂ることができるといわれるくらい栄養満点な食材の高野豆腐をふくよかな甘さに仕上げた「高野豆腐の炊き合わせ」と、シャキッとした食感が楽しめ、ツンと来ないお酢加減に、あっさりして美味しい「大根と人参のなます」をセットにしました。

3食目の主菜は、「四万十ポークと淡路島産玉ねぎの肉じゃが」です。兵庫県淡路島で明治初期に創業されたホテルや飲食店に食材及び中食を卸されている沖物産さんに作ってもらった地元淡路島産の玉ねぎと高知県四万十ポークを使った肉じゃがです。大きめにカットした食材に、四万十ポークの旨味と出汁がじっくり染み込んでいて、おふくろの味を感じられる一品です。副菜には歯ごたえの良い「きんぴらごぼう」と緑黄色野菜の中でも栄養価の高いほうれん草を使い、人参を入れて彩りもよくした「ほうれん草と人参のお浸し」をセットにしました。ほうれん草のお浸しはお好みで鰹節やポン酢をかけてお召し上がり下さい。

4食目の主菜は、「昔懐かしい肉屋のメンチカツ」です。昔幼いころ育ててくれたお祖母ちゃんに連れられて通った公設市場の入り口にあった肉屋さんのメンチカツの味をもう一度食べたく再現しました。お好みでキャベツを添えてウスターソースをかけてお召し上がり下さい。副菜には、葉酸やビタミンC、ミネラル類を多く含む青梗菜を使った「青梗菜と玉ねぎのチキンスープ煮」と、大豆イソフラボン、ビタミンなどが豊富なミックスビーンズをサッパリした酸味に仕上げた「ミックスビーンズと玉ねぎのマリネ」をセットにしました。

5食目中華メニューの主菜は、「石見ポークの酢豚」です。脂身が苦手な人でも美味しく召し上がっていただけます。反面、脂身が好きだと言う方には物足りなさがあるかもしれませんがご了承願います。豚特有の臭みがないのが特徴の石見ポークと、大きめにカットした人参・玉ねぎ・ピーマンを甘酢あんで絡めていて、甘酢の酸味が食欲を駆き立ててくれます。副菜には、「茄子と白ねぎの中華煮込み」とごまの風味が香る「白菜と小松菜の中華風お浸し」をセットにしました。

来週もお楽しみに!

わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (4/30~5/6お届け分)

コロナ禍が発端で円安となり、さらにロシアのウクライナ侵攻により原材料から食材まで高騰して9割の食品が値上がりする中、生産者のご協力もあり今のところ値上げせずに耐えています。つくづく日本各地に出向き生産者と結び付き国産食材100%を使用してきて良かったと思っています。 それでは今週お届けする健幸ディナーの献立メニューをご紹介させていただきます。

1食目の主菜は、「北海道産鮭のレモンペッパーオイル焼」。北海道産の鮭をレモンピール・唐辛子・レッドベルペッパー・パセリ・マスタードといった香辛料を混ぜたオイルで焼き上げました。オイルソースが素材をコーティングして蒸し焼き状態になるので、鮭の身が柔らかくジューシー。レモンの爽やかな香りが食欲をそそります。僕はこの主菜の時は、バケットを焼いて一緒に食べています。副菜には、鉄分や葉酸が豊富なほうれん草と、ビタミンやミネラルが豊富な卵を使った「ほうれん草と椎茸の卵とじ」と、胃腸を守る働きがあるキャベツとトウモロコシを使った「キャベツとコーンのコールスロー」をセットにしました。

2食目の主菜は、「瀬戸内海産 太刀魚の南蛮漬け」です。香川県さぬき市の水産会社安岐水産さんに、地元瀬戸内で獲れる太刀魚を、丁寧に身だけをカットにしてサッと油で揚げた後、鳴門産のわかめと生ねぎと人参を加え、まろやかな酸味の米酢と出汁で南蛮漬けに仕上げました。骨も取り除いて食べ易く、流水解凍で冷たくお召し上がり下さい。副菜には、コリコリした食感でタンパク質豊富な山形県最上郡特産の秘伝豆を使った「秘伝豆と大豆の旨煮」と、大根・人参・ごぼうといった根菜を炊き合わせた「根菜の旨煮」をセットにしました。

3食目の主菜は、「石見ポークロース生姜焼き」です。旨味成分のイノシン酸を含む不飽和脂肪酸が過熱すると溶けて赤身と食材に染み込んで抜群に美味しくなります。良質なタンパク質や、疲労回復効果のあるビタミンB1が豊富な豚肉と、体を温めてくれたり胃腸の調子を整える作用がある生姜を使った生姜焼きは疲労回復にも効果があると言われています。副菜には、抗酸化作用や免疫力を高める働きがあるビタミンCを豊富に含んだ豆類を使ったものをと思い、ひよこまめ・青えんどう・赤いんげんを使った「3種豆のトマトソース煮」と、ビタミンCを多く含んだじゃがいもを使い、バターで味付けした「じゃがバタ―コーン」をセットにしました。

4食目の主菜は、「北海道産じゃが芋と玉ねぎのビーフカレー」。1.5mmにスライスした国産牛バラ肉を入れて煮込み、有名カレー専門店が入れているサルサソースを加えて深みを出しています。辛さは控えめに仕上げました。副菜にはβカロテンやビタミンC、カルシウム、ビタミンEなどが採れる副菜をと思い、サラダ代わりにほぐした蒸し鶏とほうれん草・人参を炒めた「ほうれん草と蒸し鶏の炒め物」と山形県村山地方の郷土料理で野菜細かく刻んで調味料でからめて生のまま手軽に食べられる「山形のだし」を副菜にセットしました。ごはんの上にのせて食感をお楽しみください。

5食目中華メニューの主菜は、「石見ポークの麻婆茄子」。脂身が少なくて赤身が美味しく、熱を加えることでさらに美味しさが増す島根県邑南町の石見ポークの挽肉を使い、程よい辛さに仕上げました。とろりとした茄子の食感がたまりません。副菜には、甘酸っぱい味わいの「ピーマンと玉ねぎ、人参の甘酢あん」と、ゴマの風味が食欲をそそる「もやしとほうれん草のナムル」をセットにしました。ビタミン類、ミネラル類、食物繊維などを多く含むほうれん草と、たんぱく質やビタミンCなどの栄養素を多く含むもやしを組み合わせたナムルは、これからの季節にも食べやすい一品です。箸休めとしてお召し上がりください。

オミクロンの変異型に感染が移り変わって来ていますので免疫力を落とさないように十分な睡眠とバランスの良い食事、特に夕食を摂るように心がけましょう。

わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (4/23~4/29お届け分)

全国各地を巡り今年で創業34年目を迎えますが、狭い日本にも関わらず各地にはまだまだ知らないご当地食材やご当地グルメに出会います。食は天からの授かりものとして古来、五穀豊漁を祈り、節句食を祀り楽しんで来た和食は日本ならではの食文化で、世界文化遺産登録される事だけのことはあると各地を巡り思います。今週も各地のブランド食材やご当地グルメをメニューに取り入れた献立をお届けしましたのでご紹介させていただきます。

1食目の主菜は、「宮城県産 銀鮭と大根の煮付け」です。三陸沖の中でも親潮と黒潮がぶつかり、良質な魚が獲れる事で有名な金華山沖で養殖された「金華銀鮭」を使用。通常は、寿司ネタと刺身として取り扱われる高級魚を頼み込んで90℃の低温真空調理で大根と炊合せてもらいました。鮭の旨味成分イノシン酸とアスパラギン酸が大根の旨味成分イノシン酸と混じり、出汁が大根に染込んで抜群に美味しい贅沢な逸品です。副菜には、厚焼き卵に野菜を加えて栄養アップさせた「五目厚焼玉子」とビタミンCや葉酸など栄養たっぷりの春野菜である菜の花をいれてまろやかに仕上げた「菜の花とこんにゃくの白和え」をセットにしました。

2食目の主菜は、「父母ヶ浜の魚豆腐ハンバーグ」です。浦島太郎発祥地 香川県三豊市仁尾町父母ケ浜で代々漁師の明治5年に創業した藤田水産さんに作ってもらいました。ハマチと蛸の粗挽きを手ごねしてひとつひとつ丁寧に仕上げました。お好みでソースやケチャップをつけてお召し上がり下さい。副菜はホクホクとした食感の「ポテトサラダ」に、βカロテンを含む青梗菜とトマトのリコピンで、抗酸化作用に期待ができるトロッとした食感がくせになるトマトの酸味が爽やかな「茄子と青梗菜のトマト煮」をセットにしました。

3食目の主菜は、「石見ポークの若竹煮」です。国産の筍と若芽の若竹煮に島根県産の石見ポークを加えて炊合せました。筍は、食物繊維が豊富で、便秘の予防や改善に、豚肉とわかめとの相性は抜群ですね。副菜には、骨や歯を丈夫にするカルシウム、マグネシウムの補給に優れているちりめんじゃこを使った「ほうれん草としめじとちりめんの卵とじ」と、細切りの昆布を山形県産のコリっとした食感の大豆とで煮込んだ「北海道産切り昆布煮」をセットにしました。昆布を煮た時などに出てくるねばり成分のアルギン酸やフコイダンには、胃や腸を健康にする効果があります。ご飯に乗せて食べるのもオススメです。

4食目の洋食メニューは、「桜島鶏とじゃが芋のトマトカレーチャップ」です。桜島鶏をソテーにして、トマトソースとカレー粉で絡めてあります。トマトの酸味とスパイスの効いたカレーが絶妙にマッチ。癖になる味わいです。低脂肪チキンの桜島鶏。トマトのクエン酸が、鶏肉のカルシウム吸収率を高めてくれます。トーストやバケットを浸けてお召し上がりいただくと美味しいですよ!ぜひお試しください。副菜には、彩りも良く、優しい味わいに仕上げた「茄子、人参とかぼちゃの揚げびたし」とビタミンCが豊富なピーマンを、さっぱり食べられるマリネに仕上げた「玉ねぎ、人参とピーマンのマリネ」をセットにしました。

5食目中華メニューの主菜は、「対馬原木しいたけ入り八宝菜」です。栄養素をたくわえた原木で育ったしいたけには、ビタミンDや食物繊維など、栄養がたっぷり含まれています。長崎県対馬で栽培されている原木椎茸をはじめ、北海道噴火湾産の帆立貝に豚肉・白菜・玉ねぎ・青梗菜・人参・ピーマンと国産食材100%と贅沢な八宝菜に仕上げました。たくさんの食材が摂れる八宝菜は、栄養バランスの良い一品です。副菜には、食物繊維、カリウム、ビタミンC、葉酸などを多く含む豆もやしをさっぱりとした中華風お浸しにした「豆もやしの中華風ナムル」と昭和35年創業の東京都杉並区の中華食材製造卸の隆峯さんに作ってもらった「春巻き餃子」を大阪西区の吉フーズさんに揚げてもらいました。餃子好きの僕が納得した一品です。春巻きにあるニラは、ビタミン、葉酸、食物繊維などを含みます。野菜をたっぷり使った中華の献立にしました。

来週もお楽しみに!