わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (10/8~10/14お届け分)

コロナウィルス感染拡大、円安、ロシアのウクライナ侵攻、欧州の記録的な干ばつ等で世界的に食糧難となり様々な価格が高騰しています。弊社では創業以来、国の自給率向上に努めて来た事から多くの生産者の協力により、欠品や大幅な値上げをせずに夕食のおかずセットをご提供出来ています。高齢者や一人暮らし世帯、働く主婦が増え、材料から買って作るより経済的で、家事負担軽減につながると言う事から冷凍のおかずセットを販売する会社が増える中でも国産食材を100%使用し、合成保存料無添加はわんまいるだけ。しかも和食・洋食・中華などそれぞれ得意な専門調理会社で製造して自社センターで主菜・副菜をセット組みし、5食単位で定期お届けしているも僕のこだわりです。すべては美味しく、飽きずに、好き嫌いなく、健康的に召し上がっていただきたい思いからです。それでは今週お届けする献立メニューを紹介させていただきます。

1食目の主菜は、「北海道産にしんの開き」です。100年ぶりに大漁かと思えばロシアとの摩擦で値段が倍に、もしかすると食べ納めになるかも知れません。秋刀魚と真ホッケを足して割ったような味わいで、身が厚く脂の乗りもいいです。ニシンは、EPAやDHAといった不飽和脂肪酸やタンパク質が豊富です。また骨や歯を作るカルシウムも豊富に含まれています。副菜には、大根・人参・ごぼうといった根菜を炊き合わせた「根菜の旨煮」と、鰹節が香るあっさりした風味の「青梗菜とうす揚げのおかか和え」をセットにしました。カルシウムが摂れるニシンや青梗菜。丈夫な歯や骨を作り、お子様から高齢者まで積極的に摂りたい栄養素ですね。

2食目の主菜は、「北海道産助惣鱈の魚肉てんぷら」です。北海道産の助惣鱈のすり身と自家製豆腐と玉ねぎ・人参・ひじきをパン粉と卵白で練り揚げました。タンパク質豊富で食感も柔らかです。お好みでわさび醤油やしょうが醤油でお召し上がり下さい。副菜には、彩りも良く、優しい味わいに仕上げた「茄子、人参とかぼちゃの揚げびたし」と、シャキシャキのもやしを、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維など栄養たっぷりの胡麻で和えた「もやしの胡麻和え」をセットにしました。

3食目の主菜は、「鶏肉と筍、白ねぎの炒め煮(がめ煮)」です。大分県産の白ネギと国産筍、国産鶏もも肉を使った照り焼きを地元の鶏肉調理会社デリカフーズ大塚さんに作ってもらいました。福岡県の郷土料理のひとつであるがめ煮は、食材から出るだしや旨みを生かした煮物です。筍はたんぱく質や食物繊維を含み、体の余分な塩分を水分と一緒に排出してくれる働きがあるカリウムも豊富に含まれています。僕は大分特有の甘口醤油ダレの料理が大好きです。副菜には、素材に味がよく染み込んだ「仙台麩と切り干し大根の煮物」と、ビタミン、ミネラルが豊富な小松菜とこんにゃくを使い、ゴマ油の風味と豆腐のコクが良い相性の「小松菜とこんにゃくの白和え」をセットにしました。

4食目洋食メニューの主菜は、「ロールキャベツ トマトソース煮」です。国産豚肉100%使い、ひとつずつ手巻きして、トマトソースで煮込みました。トマトに含まれるリコピンは抗酸化作用があり、キャベツと一緒に摂るとキャベツの胃腸を守る働きも高めてくれて相性が良いんです。副菜には、ビタミンCを多く含んだじゃがいもを使い、バターで味付けした「じゃがバタ―コーン」と、サラダの位置づけとしてマヨネーズで味付けた「ひじきと枝豆のサラダ」をセットにしました。

5食目の主菜は、「大山豚とキャベツの味噌炒め」です。良質な伏流水で育てられたので臭みなく豚肉の旨味成分イノシン酸とキャベツの旨味成分グルタミン酸と発酵食品の味噌の旨味の相乗効果で美味しくて栄養価の高いメニューです。 副菜は、昭和35年創業の東京都杉並区の中華食材製造卸の隆峯さんに作ってもらった春巻き餃子を大阪西区の吉フーズさんに揚げた「揚げ春巻餃子」と、甘味が引き立った「ふかしさつま芋」をセットにしました。

来週もお楽しみに!

湯煎でとろける旨さ「みやぎ豚丼セット」を夕食に【わんまいる】

2022年10月6日(木)19時10分
今日も仕事帰りにスポーツジムに立ち寄ってから自宅に戻り、わんまいるの冷凍ミールキット「健幸ディナー」を作ってもらいました。今夜の献立は、宮城県名取市で食肉加工食品製造業を営み、多くの牛タン専門店に卸されているフクベイフーズさんに頼んで豪雪で知られる蔵王の麓で養豚されている東北産の和豚を使用して作ってもらった「みやぎ豚丼の具」が主菜。副菜に「白菜と人参の甘酢漬け」と「厚揚げとわかめの炊合せ」セットです。

ご飯に豚丼の具を山盛り乗せてつゆだくで頂きます。



加熱すると石見ポークや大山豚同様にオレイン酸を含む不飽和脂肪酸が溶けて玉ねぎ・人参の旨味と出汁と三位一体に混ざり、つゆがトロっとして物凄く旨い。豚肉をサッとボイルして嫌な脂質と臭みを取り除き、玉ねぎスライスと刻んだ人参を出汁と一緒に個包装真空パック低温調理冷凍技術だから味が外に逃げず袋の中で染み込み、肉も柔らかくとろける食感に僕が若ければ「みやぎ豚丼専門店」を出店したいと思うほど食べる度に思う旨さ。口直しに「白菜と人参の甘酢漬け」もツン来ない優しい酸味で流水解凍なので冷たくて丁度良い。



タンパク質とビタミン・ミネラルの補いとして「厚揚げとわかめの旨煮」をセットに。わかめの旨味が絹揚げ染み込んで滑らかな食感で美味しい。みやぎ豚丼セットでした。



阪神バル横丁 バルゾーン「インデアンカレー 」でランチ【わんまいる】

2022年10月6日(木)12時02分
今日は昨年2021年11月に阪神梅田本店B2にオープンした、阪神バル横丁 バルゾーンに自社サイトを運営する営業一部の北野部長を誘ってランチに行きました。お目当ては土曜日曜は大行列が出来ている「北新地とんかつ エペ」に平日は混雑していないと聞いたので行くと隣の「グリル ロン」も同じように行列が出来ています。。隣のカレーハウスを見るとアッ大阪スパイシーカレーの元祖、”インデアンカレー“です。



久しくカレー食べてないし、前から一度食べてみたかった1947年創業の老舗のカレー専門店で、梅田界隈には阪急三番街に昔からあり昼時は混雑しています。座れそうなのでとあえず店に入ると入口で食券を購入するスタイル。お勧めの”インデアンカレー”830円税込を頼んでカウンター席に座ると先にキャベツの甘酢漬けが提供され、



手際よく大きなお皿にライスを盛り付けてカレールーをたっぷりかけてハイお待ち。



この間たったの10秒。コレなら回転が速いから混雑していないというワケだ!結構なボリュームで大きくカットした牛肉も入りお値打ち。早速食べると甘さか先に来たかと思うと辛さが ドカーンと来た。結構辛い。それで隣に座った常連らしきお客様は目玉。と言って生卵二つをトッピングしたんだと理解した。しかもキャベツの甘酢もカレーにぶっかけて生卵と一緒に混ぜて食べている。なるほど!理解できた頃には半分以上食べてしまったのでもう遅く手遅れなので、次回はキャベツの甘酢漬けにぶっかけ目玉。生卵二つトッピングを食べて見たいと思いました。さすが1947年大阪で創業された老舗カレー店だけの事はあり年季が入って癖になりそうなスパイシーカレーでした。

夕食おかずセット「三陸産 目鯛の煮付けセット」を熱燗で晩酌を楽しんだ【わんまいる】

2022年10月5日(木)19時20分
今日は仕事帰りに自宅最寄り阪急神戸線塚口駅前のスポーツクラブ「ティップネス 塚口店」に立ち寄ってから自宅に戻り、わんまいるの夕食おかずセット「健幸ディナー」を作ってもらいました。今夜の献立メニューは主菜、世界三大漁場に数えられる日本の三陸沖で水揚げされた「目鯛の煮付け」に、副菜は「じゃが芋と高菜の炒め物」に山形県最上郡特産の「秘伝豆と大豆の旨煮」セットです。


随分気温も下がって来たのでこの秋初めての熱燗を湯煎してもらいました。わんまいるのおかずセットは湯煎がメインなので日本酒をお燗する際は一緒に浸けらるので便利。何と言っても日本酒のお燗は電子レンジではなく湯煎の方が美味しい。日本酒は燗晴れする温度がそれぞれ異なります。一口にお燗と言っても酒類業界では6つの温度帯で表現します。日向燗(ひなたかん)30℃は、温度の差を感じないほんのり香りが引き立つ程度なので上等な特別純米大吟醸酒や古酒に向いています。人肌燗(ひとはだかん)35℃は、新潟のお酒など端麗仕込みや上品な日本酒に向いています。昔は「灘の男酒、伏見の女酒」と呼んでいて、京都伏見の上品なふくよかな日本酒は人肌のお燗が似合うと言われていました。又代々女系の蔵元が造るお酒はふくよかな優しいお酒になる事から「女酒」代々男系の蔵元はごついしっかりしたお酒になる事から「男酒」とも呼んでいました。僕はお酒が弱いので人肌燗が好きですが、お酒の種類によって人肌燗では美味しくないお酒も多く、一緒に食べる料理によっても異なるので見極めが大切。ぬる燗40℃、上燗45℃、熱燗50℃、飛びきり燗55℃、飛びきり燗に向く日本酒はめったにありませんが、今でも覚えているのは岐阜県恵那市の岩村醸造の「女城主」の本醸造は55℃で燗晴れし絶品でした。このようにお酒の種類によって燗晴れする或いは美味しい温度帯が異なり料理(肴)によっても向く温度帯が異なります。勿論お燗する酒器によっても味覚が変わりますので好みに合わせて楽しんで頂ければと思います。中学3年から酒屋にアルバイトに行き高校3年間続けそのまま就職し、23歳で酒屋が経営する居酒屋の店長に抜擢され、居酒屋で独立を決意するも資金が足らなくこだわりのお酒お米食品の宅配専門店を開業、全国の酒蔵を訪問する傍ら米の生産者 郷土料理 ご当地食材に出逢い、今日まで46年間お酒と料理に関わってきました。少しでも美味しく晩酌を楽しんでもらいたいと思って食材から選び調理会社も選びお届けしています。今夜は灘の菊正宗本醸造酒を熱燗で三陸産の目鯛煮付けセットを楽しみました。

本格フレンチを冷凍で「秋鮭のポワレ・色々きのこのクリームソース」テスト分を試食【ボンキッシュ】

2022年10月5日(水)12時15分
今日は東京電力ホールディングス株式会社様と協業してサイト運営している国産の上質なおさかなを使った和・洋・中のベテラン有名シェア3名による試作とレシピ提供による本格料理を月に一度8品冷凍でお届けするサブスク「ボンキッシュ」で採用するフランスやスイスの名門ミシュランガイド星獲得レストランで修行を積み帰国後日本初となるフレンチレストラン「ビストロ・ダ・アンジュ」の料理長を務め多店舗展開に寄与して2代目社長にも就任されたが料理が好きで数年で辞任して現在も厨房に立ち各お店の調理指導に当たる藤井シェフから弊社ミニテストキッチンで試作し、レシピを提供いただいた「秋鮭のポアレ・色々きのこのク リームソース」を、大正11年大阪市西成区で創業され多くのレストランなど飲食店に卸される矢田健商店さんにテスト的に作ってもらいました。いやー見るからに濃厚ソースたっぷりで美味しそう。北海道産秋鮭の手切りした厚みのある切り身にしめじ・椎茸・マッシュルーム・エリンギ4種類のキノコをトッピング。藤井シェフオリ ジナルのにんにく、ヒュメ・ド・ポワソン(魚出汁)、白ワイン、無塩バター、生クリーム、塩、ホワイトペッパー、小麦粉、パセリのクリームソースが濃厚で分離も一切なくてかなり旨い。バゲットを焼いてリースリングワインが有れば豪華ディナーとなる。自慢じゃないけどボンキッシュのサブスク(定期購入)の離脱率は、わんまいるの健幸ディナーより低い5%台と業界トップクラスです。見事シェフの味を再現してくれました。