宅食 冷凍ミールキット「境港とろイワシのオイルサーディンセット」 を夕食に【わんまいる】

2022年7月4日(月)19時10分
仕事帰りに自宅最寄り駅前のスポーツジムに立ち寄って自宅に戻り、わんまいるの冷凍ミールキットを作ってもらいました。今夜の献立主菜は見たことが無い立派なサイズの日本海山陰地方最大規模を誇る境港水揚げのとろイワシを骨まで柔らかく焼ける特殊なグリルで焼いてこめ油に梅肉・ニンニク・食塩・唐辛子・ローリエを加えた「オイルサーディン 2尾」、


副菜は「じゃが芋と南瓜と人参の温野菜」 に


「ひじきと枝豆のマヨサラダ」のセットです。


これはバケットが合うので焼いてもらい、


オイルを浸けて食べると無茶旨い!いかりスーパー直輸入超お値打ちのイタリア南部プーリア州の黒ぶどうをブレンドした赤ワインで楽しみました。


とろイワシは、全く臭みが無くて柔らかく骨はホントに感じません。カルシウムが摂れて不飽和脂肪酸たっぷりで健康的。大きなイワシ2尾なのでツイツイ飲み過ぎてしまいます。イヤー美味しかった。今日も一日お疲れさまでした。

 

冷食 宅配 おかずセット「健幸ディナー1163号」を検食【わんまいる】

2022年7月4日(月)12時02分
国産食材100%、ご当地ブランド食材を使用したメニューも豊富、管理栄養士が栄養バランスをチェック、糖分30g以下・塩分3.5g未満・カロリー400Kcal以下の週替りで届く夕食のおかず5食セット(主菜1品・副菜2品)先駆けてテレビ・ラジ オ・ネット通販で冷凍おかずセットを初めて販売した”パイオニア”として多くのメディアで取り上げられ品質と美味しさはトップクラスの評価を戴いている冷凍ミールキット「健幸ディナー」。毎週月曜日は来週お客様に発送する実物を神戸市東灘区のわんまいる冷凍専用センターから抜き取って梅田本社に持ち帰り検食しています。万が一納得しない商品が有れば全品やり直しになるので、商品企画部の担当バイヤーは真剣そのもの。1食目「主菜/宮城県産目鯛の照り焼き」「副菜/切干大根煮」「副菜/ほうれん草とこんにゃくの白和え」セットです。ぶりの外道で釣れる高級魚の目鯛は、通常刺身など生食で流通していますが今回は特別に水産会社様が回してくれました。淡白で旨味があり小骨は無く食べ易く美味しいです。ほうれん草とこんにゃくの白和えは間に合わず次回検食します。

2食目「主菜/三陸産太刀魚のオリーブオイル漬け」「副菜/玉ねぎとめじとピーマンのソテー」「副菜/キャベツと人参のコールスロー」セット。世界三大漁場に数えられる三陸沖の黒潮に乗って北上して来た太刀魚をにんにく・唐辛子・ローリエ・ブラックペッパーを施しオイルサーディン風にオリーブオイルに漬けた逸品です。パンを焼いてオリーブオイルに浸けて食べると美味しいです。

3食目「主菜/みやぎ森林鶏の筑前煮」「副菜/茄子の揚げ味噌浸し」「副菜/五目厚焼き玉子」セット。宮城県唯一のブランド鶏”みやぎ森林鶏”は上質な伏流水で育てられているから臭みなく柔らかく弾力があり美味しく、旨味があり煮込みに向いています。次回お届け分から量を増やして納品します。

4食目「主菜/大山豚のゴーヤチャンプルー」「副菜/青梗菜と玉ねぎのチキンスープ煮」セット。山陰地方の富士山と呼ばれる大山の麓で良質な伏流水で育った臭みが無くオレイン酸を多む脂質は甘くて食べ応えのある肉質で苦味部分を取り除いたゴーヤと玉ねぎと相性が良くて美味しいです。次回から豆腐の代わりにさつま揚げを刻んで加えるように伝えました。

5食目「主菜/天津玉子中華あんかけ」と「副菜/茄子と玉ねぎとピーマンのチリソース」「副菜/国産ポーク焼売」のセット。富山市で昭和36年創業の一個6千 円の高級厚焼き玉子から100円の回転寿司の玉子焼きまで製造されている玉子焼き製造専門会社三和製玉さんに作ってもらっており、しずる感のある食感と刻んだ椎茸・ピーマン・玉ネギがオイスターソースのあんかけに入って美味しく仕上がっています。

今日も主菜5品・副菜10品を検食しました。出荷OK!

 

低温調理 真空パック冷凍「三陸産たらの煮付け」を献立メニューに【わんまいる】

2022年7月3日(日)18時30分 
休日は少し早めに夕食をとりるのが楽しみ。今夜の献立は、主菜世界三大漁場に数えられる三陸沖で獲れた真鱈の切り身を小袋に煮汁と一緒に入れて真空パック。圧力釜で90度20分の低温真空調理して直ぐに冷却し急速冷凍。食べる直前に沸騰した熱湯で湯煎解凍。真空圧力で味が染み込むので醤油・塩・砂糖など調味料が少なく低糖質・減塩でも味がしっかり付いて美味しい。身がふっくら柔らかくて鱈の概念を覆す旨さ!


副菜は「長崎県対馬の原木椎茸を使ったほうれん草の卵とじ」。


菌床栽培の椎茸に比べ旨味成分のグルタミン酸が豊富で旨い。「白菜と人参の甘酢和え」もツンと来ない程よい酸味で口直しにピッタシだ。


今日は主菜1品と副菜2品の献立に夏季限定発売された青森県八戸漁港水揚げ現地加工調理の「切れている炙り〆鯖」を一品足して獺祭の純米大吟醸酒で楽しみました。


昔は夜遅くまで働いて来たので明るいうちら晩酌を楽しむのが大好き。凄く贅沢な気分になって気持ち良い。三陸の真鱈の煮付けと青森県八戸の炙り〆鯖、美味しい!

 

猛暑でも昼間から客が並ぶラーメン店でランチ【わんまいる】

2022年7月3日(日)11時40分
台風4号接近の影響か朝から雨。。傘をさして歩くのも面倒。ランチをどこで食べようかと思い、新御堂筋挟んで向かいの通称旧曽根崎寿司屋通り入口角の” 大阪麺哲“さんへ直行。


通常開店時間の11時30分前から並んでいるが入れるかと覗くと店の前には並んでいない。店の中を覗くと二席空きがある。ラッキーと思い、店内へ入っていつもの「肉醤油」を注文。


透き通った鶏ガラスープと上品な舌触りのストレートの細麺に手のひらサイズより少し小さい脂身の嫌いな僕でも美味しいと思う臭みが全くて柔らかい叉焼に2枚に立て切りした青ネギとメンマに海苔が添えられ提供。


先にメンマと青ネギを叉焼で巻いてがぶりっ!噛むとチキンスープをたっぷり含んだ叉焼から肉汁スープがジュワーっと口の中で広がり旨い。


正に幸福の味を噛みしめてもう一枚はメンマと青ネギに海苔も巻いてがぶりっ。海苔の香ばしい風味も足され実に旨い。チキンスープを含んだ叉焼の肉汁を味わい、上品な細麺をすする。スープをスプーンで口に含み繰り返し平らげていやー満足。税込み800円はお値打ち。店を出ると客が並んでいます。

 

豚肉の脂身が嫌いな僕でも美味しい 石見ポークの酢豚を夕食に【わんまいる】

2022年7月2日(土)18時20分
僕は幼い頃に両親が離婚して母方の実家で祖父と祖母に育てられ魚は骨と皮と血合いを取り除き肉は脂身を取り除き食べさせてくれたお陰で23歳で居酒屋の店長 に抜擢されて以降お客様に提供する料理は出来る限り臭みが無く食べ易い魚・ 肉・鶏料理を提供するようにしています。魚の好きな人や脂身やホルモンが好きな人にとっては骨や火を脂身があろうがなかろうか気にせずに食べられますが嫌いな人に取れば助かります。魚も肉も鶏も臭みの原因は鮮度・餌・水・肉質により魚は餌がお腹に持っていると鮮度が落ちるのが早くなるので目利きが重要。鶏と豚は大量に水を飲むので同じ餌でも水の良し悪しで肉質が全く異なります。長年の間食材を求め全国各地を回り自分の目と舌とで確かめているうちにわかるようになってきました。わんまいるで扱う鶏肉・豚肉は共通して良質な水で育てられています。そんな中でも石見ポークは肉の脂質を好まない本場イギリスが原産国のケンボ ロー種、良質な伏流水で育っているので臭みが無く加熱すると脂身にあたる不飽和脂肪酸が溶けて自らの赤身や食材に吸収されると言う事が調理をしていて判明。だから脂身が少なく赤身が美味しいと評判になるんだと気づき、野菜との炒め料理メニューに積極的に取り入れています。


僕は他社の酢豚は脂身が多くて苦手ですが石見ポークの酢豚は脂身が少なくて臭み見なく食べ易く美味しいです。副菜の「茄子と白ねぎの中華煮込み」と


発芽野菜の代表「豆もやしのナムル」の


セットを中華と言えばサッポロ生ビール黒ラベルで楽しみました。