冷凍おかずセット「大分郷土料理 りゅうきゅうセット」を夕食に【わんまいる】

2023年1月30日(月)19時20分 
今日も仕事帰りにスポーツジムに立ち寄ってから自宅に戻り、冷凍おかずセット「わんまいる健幸ディナー」を用意してもらいました。今夜の献立メニューは、「主菜/大分郷土 津久見ぶりのりゅうきゅう」です。



大分特有の甘い醤油をベースに漬けた魚の漬け刺しを大分市では”りゅうきゅう”と呼ばれ、昔沖縄の漁師から伝わったからだと聞きます。又、地域によっては熱いご飯の上に乗せて食べる事から「あつめし」や「ひゅうが丼」と呼ばれています。関サバ・関アジを乗せたひょうが丼は知っていましたが、むしろ大分市内から別府にかけて呼ばれている「りゅうきゅう」は知りませんでした。大分県と愛媛県に挟まれた豊後水道は潮の流れが速い事からマグロやぶりの養殖も盛んで、わんまいるでは津久見特産のぶりを使用してりゅうきゅうを地元の調理会社さんに作ってもらっています。そのままでも美味しいですが、僕は七味をふりかけてご飯に乗せて食べるのが好きです。

モチモチしたぶりの食感にとろり甘くて濃厚なタレがピリ辛くて旨い。熱燗を含むと最高!副菜はごま油香るシャキシャキした食感の「きんぴらごぼう」。



宮城県登米地方の郷土食材油麩を加えた「切干大根煮」に、



牛すじ出汁で煮た大阪おでんと古くから伝わる日本のおかずを熱燗で楽しみました。



独立開業後日本全国を回り出会った郷土料理やご当地食材を使ったメニューを地元の調理会社に委託製造してもらって弊社神戸市の冷凍センターで主菜副菜セットにしてお届けしています。自宅に居ながら簡単に食べれる事が嬉しい。しかも、管理栄養士が栄養バランス・カロリー・糖分・塩分などを監修チェックしてくれているので健康的。以前80kgあった体重も今は54kg台をキープ。「美味しくて健康」わんまいるのコンセプトです。ご馳走様でした。



大阪国際ビルディングへ移転 リライズコンサルティング株式会社様へお祝い【わんまいる】

2023年1月30日(月)15時02分
船井総研から2015年5月に独立・創業された弊社社外取締役の中山社長が経営されるリライズコンサルティング株式会社様が大阪市中央区の大阪国際ビルディングに移転されたので、いの一番にお祝いに駆けつけました。



落ち着いたモダンな雰囲気で廊下も広く天井も高い。オフィスのファサード正面に会社のロゴマークが高級グラスで有名なバカラの店舗と同じように光っています。明るいのは良いこと。弊社が贈ったリライズさんの色をあしらったブルーの胡蝶蘭が一番前に飾っていただいてます。

ミーテイングルームに案内いただき、その後関係者以外入ってはいけないオフィスの中を中山先生と片山チームリーダーに特別に案内いただきました。中でもぶったまげたのが、WEB商談専用個室完全防音セキュリティーでワンボックス1台数百万が何と4台完備。。



この辺りがコロナ後のオフィスの在り方だと感心。角地でオープンガラス越しに向いのビルのエントランスの庭園が見下ろせてステキ。こんな大都会の真ん中で心が落ち着きます。絨毯も落ち着いた模様で、照明も落ち着いた雰囲気を醸し出しています。あまり長居すると悪いので玄関で中山先生と片山チームリーダー、弊社取締役の山脇と4人でザ・ぼんちおさむ師匠公認”おさむちゃんポーズ”で記念撮影しました。おめでとうございます。





冷凍おかずセット「健幸ディナー:1193号」を検食【わんまいる】

2023年1月30日(月)12時02分
毎週月曜日は来週神戸市東灘区のわんまいる冷凍センターからお客様へ出荷する、国産食材100%使用、こだわりのご当地ブランド食材を採用したメニューも豊富、管理栄養士白井先生が栄養バランス、カロリー・糖分・塩分などを監修、元辻調理師専門学校専任教授、元サンフランシスコ日本国総領事館公邸シェフを務め、テレビ番組「料理天国」「どっちの料理ショー」などメディアに多数出演され、現在も全国の調理師専門学校で教鞭を取る傍らレストランコンサルティングを勤める近藤シェフに調理指導いただき、和食・洋食・中華とそれぞれの料理を得意とする専門調理会社に委託製造して主菜・副菜をセンターでセット組みしてお届けしている冷凍おかずセット「健幸ディナー:1193号」(2月3週目、出荷開始 2/9)を検食しました。
1食目「主菜/境港産とろイワシのオイルサーディン」と「副菜/人参しりしり・ひじきの枝豆サラダ」セット。島根県隠岐の島周辺で獲れた大きな真いわしをこめ油で梅肉・食塩・にんにくスライス・唐辛子・ローリエを加えて骨まで気にせずに食べられます。とろっとして濃厚で少しピリ辛。僕は自宅でブラックペッパーをふりかけてワインとバゲットで楽しんでいます。人参しりしりは、瑞々しくシャキシャキした食感で美味しい。



2食目「主菜/北海道産宗八カレイの煮付け」と「副菜/ほうれん草と対馬の原木椎茸の卵とじ・大根と人参のなます」のセット。関西ではエテカレイと呼ばれている宗八カレイを甘辛く煮付けてあり、淡白なカレイの身を箸で取り煮汁に浸けてご飯に乗せて食べると最高に旨い。このタレの甘辛さは、白いご飯が恋しくなる。日本で韓国に一番近い離島長崎県の対馬で栽培されている原木椎茸とほうれん草の卵とじ、菌栽培とは違う原木椎茸ならではの旨味が出汁と一緒に卵とじに絡み付き優しい味は心に染みる。そして冷たくほんのりとした酸味で口直しになる大根と人参のなます。主菜、副菜のバランスが良くこの副菜一品に気遣いを感じる。

3食目「主菜/東北和豚 みやぎ豚丼の具」と「副菜/厚揚げとわかめの旨煮・白菜と人参の甘酢漬け」セット。山形県と宮城県の中央にそびえ立つ豪雪で知られる蔵王の太平洋側の緩やかな斜面で養豚される東北和豚、良質な伏流水を飲んで育っているため臭みは無く加熱すると脂身の飽和脂肪酸が溶けてつゆと混ざりとろとろにつゆだくでご飯に乗せて食べると箸が止まらず、ビールもそっちのけで完食する程旨い。キッチンカーで売りに回りたい気持ちにしてくれるみやぎ豚丼の具です。白菜と人参の甘酢漬けも箸休めに丁度良い。

4食目「主菜/鹿児島県桜島鶏のパンプキンチャウダー」と「副菜/玉ねぎとしめじとピーマンのソテー・キャベツと枝豆のコールスロー」のセット。南の鶏王国九州鹿児島県と北の根菜王国北海道対決かと思う鶏肉と南瓜入り。オニオンソテーが南瓜ペーストとホワイトルーに溶け込んで甘くて濃厚でクリーミーで温かくてホッとする。キャベツのコールスルーはまだしも野菜のソテーよりじゃがバターやフライドポテトやハッシュドポテトの方が嬉しい。

5食目「主菜/石見ポークの酢豚」と「副菜/茄子と白ねぎの中華煮込み・豆もやしの中華風ナムル」のセット。脂身が少なく赤身が美味しいと評判のA級グルメの町島根県邑南町で養豚されている希少な石見ポークを使って酢豚は脂身の苦手な僕でも美味しく食べています。トロっとして旨い茄子の中華煮込みに、豆もやしのナムルは、ごま油が効いてシャキシャキして旨い。今日も主菜5品と副菜10品を検食しました。

冷凍おかず「北海道・礼文島ホッケ一夜干しセット」を夕食に【わんまいる】

2023年1月29日(日)18時10分
休日は宵の口から晩酌をするのが何よりの楽しみ。日曜日は家内に作ってもらうのだが、今週は節分の日にわんまいるで販売している骨を気にせず食べれる全く臭みのない「とろイワシのオイルサーディン」と「桜島鶏のコーンクリームシチュー」にバゲットとワインでディナーを楽しもうと同梱でお取り寄せしたので、今夜はおかずセット健幸ディナーを食べます。献立は、日本最北端の離島利尻島の西に浮かぶ小さな礼文島で獲れた「真ホッケの一夜干し」に「ほうれん草としめじの卵とじ」と「小松菜とこんにゃくの白和え」セットに、青森県八戸漁港水揚げ「するめいかの照り焼き」を添えて熱燗で楽しみました。



ホッケは新鮮だから皮がサッとめくれて身がポロっと骨から外れ、ほぐして何も浸けなくても天然のアミノ酸と塩分で十分だ。



ホッケのほぐし身を口に入れて熱燗を含むとう~ん堪らん!程よく脂が乗って旨い。焼き魚には熱燗が合う。冬ならではの醍醐味だ。ほうれん草としめじの卵とじも出汁が効いてふくよかな甘さで旨い。



豆腐をしっかり裏ごしした小松菜とこんにゃくの白和えはあっさり瑞々しく、日本古来から伝わる仏教の修行僧の食事として生まれた精進料理だ。



冷凍なので保存料や薬品を使わなくて済むのでシンプルな料理の方が素材の味が楽しめる。そして僕の大好きなするめいかの照り焼き。皆さん硬いと想像されるでしょうが、凄く柔らかくて弾力があって噛めば噛むほど旨い。



熱燗に持ってこいの肴です。熱燗を飲む為にあると言っても過言ではない。年々不漁でスーパーでも見かけなくなったするめいか。長いお付き合いで優先してまわしてくれる西日本最大規模を誇る大阪市中央卸売市場水産仲卸の三恒さんに感謝です。ホッケの一夜干しにするめいかの照り焼きでゆっくり晩酌を楽しみました。いやー美味しかった。

カウンターで一人しゃぶしゃぶ「ぐるまん」大阪梅田店でランチ【わんまいる】

2023年1月29日(日)11時45分 
大寒真っ只中。底冷えする今日のランチは温かいものが良い。地下に潜って、ホワイティうめだ泉の広場からイーストモールを三番街方面に歩くと右側にある、僕が学生時代から続く老舗しゃぶしゃぶ「ぐるまん」大阪梅田店。

店の中央を囲むカウンター席に一人ずつ小鍋が埋め込まれている。誰に気を遣うことなく自分のペースで一人で食べられるが嬉しい。奥のカウンターに案内され、牛肉のレギュラーサイズを注文すると手際よくオープンキッチン中央にあるスライサーで牛肉をスライスし、美味しそうにお皿に盛り付ける。

ご飯と漬物ときしめんが付いた野菜セットに紅葉おろしとねぎタップリ入った薬味皿が提供され、カウンターに置かれている昆布と鰹節ベースのぐるまんオリジナルのポン酢を器に注ぎ、粉末ガリーックをたっぷり入れて薬味を加え、



準備万端。整ったところにお待たせと牛肉スライスが提供された。



先に鍋に入れた豆腐と野菜から食べる。湯豆腐が鰹昆布だしポン酢に合う。熱い湯豆腐をフーフーして食べるのがこれまた旨い。

白菜も鰹昆布だしポン酢を浸けると優しい味になり美味しい。そして本日主役の牛肉スライスを箸で持ち上げしゃぶしゃぷ。



薄いからサッと色が変われば食べられる。ポン酢に浸けていざ!。ボンズを吸った牛肉の旨味が口の中でジュワーと広がり旨い。箸が勝手にご飯に行く。牛と飯たまん。一人しゃぶしゃぶで大宴会。牛肉と昆布鰹だしポン酢は、なんでこんなに合うんだろうか。僕がまだ居酒屋の店長をしている時に牛肉のしゃぶしゃぶがコレから流行るからと酒問屋の常務に頼まれて開発したマルテン醤油にタマノイ酢に昆布鰹出汁に徳島産酢橘を加え名前を付けた「板前手作りポン酢」も未だに売れ続けている。そんなことを思い出しながら一人しゃぶしゃぶを楽しみました。〆にきしめんを食べて、体も温まり気持ちいい。ご馳走様でした。