わんまいる宅食 グルメカタログ1113号を校正しました。お腹が空いてくる。

2024年6月2日(日)10時20分 
1988年9月1日開業以来、日本各地のご当地グルメ 食材を使用した「宅配カタログ事業/冷凍おかず」を続けています。(勿論わんまいるサイトでもご利用頂けます)今日は発行1113号の初校正をしました。トップページには夏季限定「冷製 大山豚のはりはり胡麻しゃぶ」が大きく掲載。流水解凍で冷たくて旨い!

2ページ目上段には、島根県出雲市で昭和2年創業した老舗製麺所に頼んで打ち立てを職人さんに湯掻いて急速冷却、冷凍してもらった流水解凍で本格出雲そばが楽しめる「プロが湯掻いた出雲そば2人前(つゆ付き」が掲載

3ページには、同じ国山陰地方の富士山と呼ばれる豪雪地帯で知られる鳥取県蒜山高原の奥に聳え立つ大山の麓で上質の伏流水を飲んで育った「大山豚のゴーヤチャンプルー」。臭みが無く甘くて美味しい大山豚。ゴーヤの苦味のわたも取り除いているので食べ易いです。

4ページ上段には、富山湾で獲れた「豆鯵の南蛮漬け」。小さな豆鯵なので丸ごと食べても違和感ありません。子供さんやお年寄りでも食べて頂けます。流水解凍で冷たいうちにお召し上がり下さい。

5ページ上段には、「大阪名物モダン焼き」を石見ポークバラ肉を入れて今年で創業101年の大阪西成区の老舗に作ってもらいました。その隣には、昭和6年宮崎県三股町で創業した肉屋さんに作ってもらっている「宮崎県産黒毛和牛と黒豚のデミグラスソースハンバーグ」が掲載。



6ページ上段には、餃子大好物の僕が久しぶりに広島の点心製造の老舗に頼んで開発した一口サイズながらにんにくとニラの味がしっかりした「広島餃子/ぶちうまい一口餃子」が掲載。一品足らない時やお弁当に便利です。

7ページは、わんまいるベストセラー商品をまとめて4食お買い得①レンジ解凍洗物不要「ポテト&パーコングラタン」②同じく「海老とチーズのグラタン」③同じく「アスパラと海老のチーズドリア」④は大阪地ソースとトマトケチャップの濃厚ソースが美味しい「淡路島玉ねぎのナポリタンスパゲティ」です。

8ページは、レンジ解凍とは思えない冷凍おかずセット 食品添加物無添加 国産食材100%「わんまいる美食弁当」メニュー紹介です。ネット通販が伸びる中、カタログが届く事を楽しみにされているお年寄りの皆様がいる限り続けたいと思っています。全ては”有難う”美味しいかった”助かるわ”の声を多く聴きたくて。。

冷凍おかず宅配カタログ1109号を校正しました。

2024年4月7日(日)14時28分 
1988年9月1日開業以来一般家庭を対象に日本各地のご当地グルメやご当地食材を使ったおかずのカタログ宅配を行っています。今日はカタログ1109号を校正しました。トップページには、阿波踊りで有名な徳島県阿波市から南にかけて採れる筍をふんだんに使った「春の筍ちらし寿司」が大きく掲載されています。

2ページ上段には、同じく徳島県産の筍と徳島県鳴門産の滑らか食感のワカメに加熱すると上質のオレイン酸を含む不飽和脂肪酸が溶ける島根県石見ポークを加えた若竹煮が掲載

3ページ上段には、多くのホテルやレストランで使われている国産牛骨を長時間煮込んだフォン・ド・ボーを使い、国産牛バラ肉スライスと淡路島産玉ねぎと北海道黄爵(とうや)と人参の具沢山ビーフシチューが掲載

4ページには、脂身の苦手な僕で美味しく食べる事が出来る島根県邑南町の石見ポークの酢豚に徳島県産筍を加えました。その下の三陸産ホタテ貝とブロッコリーのバター醤油炒めも美味しそう。

5ページ上段には、漁獲量と取る漁師も減ってスーパーでも見かけなくなった日本海山陰名物「笹カレイの一夜干し」が大きく掲載



6ページ上段には、わんまいるで一番売れている島根県松江の老舗味噌蔵 小西本店の錦味噌と島根県邑南町の石見ポークの豚汁

7ページ上段には、今年創業101年を迎える大阪通天閣近くの串カツ、どて焼き発祥地西成区の老舗に作ってもらった「大阪名物どて焼き」が掲載

8ページ上段には小さいながらもニラとニンニクがしっかり効いて焼き目がパリッとして食べ易い広島餃子/ぶち旨い一口餃子が掲載

冷凍おかず「わんまいる宅配カタログ/1106号」校正しました。

2024年2月18日(日)13時05分 
1988年9月1日創業から今年で36年間続けているカタログ宅配事業で使うわんまいるグルメカタログ1106号を校正しました!トップページには昨年お亡くなりなられた中華の鉄人陳建一氏が2代目オーナーを勤めた赤坂四川飯店監修の「角煮入りちまき」脂身が殆ど無入り柔らかい角煮入り。他に赤坂四川飯店監修メニューがズラリ掲載。

2ページ上段には”春土用丑”夏土用の丑”限定販売している生産日本一の鹿児島県「鰻まふまし飯」。大阪特有の味醂が効いた甘方濃厚な蒲焼きのタレをご飯に満遍なくまぶした上から錦糸卵を敷いて食べ易くカットした鰻蒲焼きをトッピング沢庵付きです。

3ページ上段には愛媛県西宇和郡佐田岬前浜で獲れたしらすを直ぐに釜揚げし食べ切りサイズ(50g)に充填バック冷凍した「釜揚げしらす」です。

4ページ上段には食べ応援宮城県三陸産ホタテとブロッコリーのバター醤油炒めが大きく掲載されています

5ページ上段にはナイフで切っても型崩れしにくい手で巻いた「国産豚肉100%ロールキャベツトマトソース煮込み」。トマトのホールが残るソースと豚粗挽き肉の旨味がキャベツに染み込み美味しい。多くのホテルやレストランで採用されている、国産牛骨を長時間煮込んだフォン・ド・ボーで作った国産牛肉のビーフシチューが大きく掲載されています。



6ページ上段には昔懐かしい肉屋さんのビフカツを新世界の通天閣がある大阪西成区で創業101年を迎える矢田健商店さんに再開してもらいました。その隣にも石見ポークを使って昔懐かしい肉屋さんの「石見ポークの一口カツ」を大分のとり天と豊後の唐揚げの名前を全国に広げたデリカフーズ大塚さんに揚げてもらいました。とり天唐揚げ同様にポン酢で召し上がってみて下さい。

7ページ上段には脂身の苦手な方でも召し上がれる春限定徳島県たけのこの入り石見ポークの酢豚に、宮崎県ご当地グルメチキン南蛮タルタルソース付きが掲載されています。冷凍とは思えない老舗の味をお楽しみ下さい。

最後8ページには、人気のあと一品欲しい時に便利な副菜がお買い得掲載。「厚揚げの旨煮」「茄子の揚げ味噌浸し」「菜の花と高野豆腐の炊合せ」「かぼちゃと石見ポークそぼろあんかけ」です。

冷凍グルメ宅配カタログ1105号初校しました。

2024年2月3日(土)13時45分 
1988年9月1日27歳と時に宅配専門店として開業して以来続けている「グルメカタログ宅配サービス」発行1105号(2024年4月1日受注開始)自分でもこんなに長く続くとは思いませんでした。先ずはトップページ上段には春の風物詩徳島県南部特産のたけのこを判断に使用したレンジで出来る「春の筍ちらし寿司」。米は滋賀県の近江米を使用しています。

 

2ページ上段には、弊社料理顧問の元辻調理師専門学校教師でサンフランシスコ日本総領事館公邸料理人近藤先生考案レシピて作った静岡県焼津漁港水揚げの「かつおの竜田揚げ」。船内凍結の為凄く品物が良いとの事。

3ページ上段には、自らアジフライカンパニーと名乗る山陰地方最大規模を誇る鳥取県境港水揚げのアジフライ専門製造会社角屋食品さんのアジフライをカリッとサクッと揚げて冷凍したレンジ出来る「境港アジフライ2尾」が掲載。青臭く無く美味しい

4ページ上段には、山陰地方の富士山と呼ばれる豪雪地帯で有名な蒜山高原に聳え立つ大山の麓で良質の伏流水を飲んで育った大山どりを使った「筑前煮」

5ページ上段には、ストレスが少ないケージフリー(囲い内飼い放し)で養鶏した鹿児島県「桜島鷄と北海道産じゃがいものコーンクリームシチュー」が掲載



旨そう。昭和6年宮崎県三股町で創業され現在では県内有数の生産・加工・流通・販売まで一貫して行う精肉加工会社中村食肉さんに作ってもらっている「宮崎県産黒毛和牛と黒豚のデミグラスソースハンバーグ」が掲載。ジューシーで旨い。

7ページ上段には旬の徳島県南部特産「たけのこ入り石見ポークの酢豚」。脂身の苦手な僕でも美味しく食べれます。

8ページは丼特集。柔らかい部位を薄くスライスしてサッと熱湯でボイルして余分な脂質とアクを削除して醤油と清酒と砂糖だけの食品添加物無添加の「淡路島産玉ねぎを使用した牛丼の具」。JALの機内食にも採用された三重県尾鷲市加藤市長推薦の「天然まぐろのど旨い漬け」とリアス式海岸を生かした古くから養殖が盛んな尾鷲特産「鯛のど旨い漬け」に、ふわふわ玉子の「天津かに玉」お買い得各4食セットか掲載されています。



先程ランチ食べたのに見ているとお腹が空いて来ました。

わんまいる宅配カタログ1104号校正しました。

2024年1月27日(土)13時38分 
昭和63年9月1日宅配専門店として会議や以来続けている宅配カタログ受注開始3月18日(月)の1104号を校正しました。トップページ上段には大阪発祥「鰻まむし飯」が大きく掲載。容器毎レンジでチン!ホッカホカの鰻のタレが満遍なく塗したご飯に鰻と錦糸卵が乗っています。沢庵もサービス。

2ページ上段にはレンジで出来る「天ぷら盛合せ4種(海老2匹・かき揚げ・かぼちゃ・ししとう)」が掲載

3ページ上段には日本一の清流高知県高知市四万十川中流窪川流域の上質な伏流水を飲んで育った四万十ポークと甘さ日本一の淡路島島産玉ねぎと煮崩れし難い北海道黄爵(とうや)で作った肉じゃがが大きく掲載

4ページ上段にはこの春の新製品食べて応援!立派な貝柱の「三陸宮城県産ホタテとブロッコリーのバター醤油炒め」です。

5ページ上段にはナイフで切っても形崩れし難い様に手で巻いた「国産豚肉100%ロールキャベツトマトソース煮込み」に希少な石見ポークの更に希少な「石見ポークフランクフルトとごろっと野菜のポトフ」が掲載



6ページ上段には昭和18年創業の老舗惣菜製造会社に作ってもらっている「北海道産じゃがいもと玉ねぎの国産牛肉のビーフカレー」。甘口ながらサルサソースが隠し味にてスパイシー。「レンジで出来るアスパラと海老のチーズドリア」も掲載。

7ページ上段には中国から渡り日本全国に四川料理を広めた中華の鉄人陳建一氏の父陳建民氏が創業された赤坂四川飯店の「角煮入りちまき」に「八宝菜」です。下段の「エビチリ」は高級レストランの味わい。「麻婆豆腐」もそう辛く無くて食べ易い

8ページは洋食お買い得4食セット。ロールキャベツトマトソース煮込み・宮崎県産黒毛和牛と黒豚のデミグラスソースハンバーグ・石見ポークの一口カツ・アスパラと海老のチーズドリアです。