冷凍おかず健幸ディナーより「宮城県名取市 閖上漁港名物 焼きカレイセット」で夕食

2024年5月29日(金)18時20分 
昨夕、ザ・ぼんちおさむ師匠長男の雄一郎社長から、「お父さんもジムに行っては痛いと言ってるからジム辞めたらいいのに」と言う話しを聞いてまるで僕と一緒だと思い、今日は行かずに自宅へ直帰。ストレッチしてから風呂に入っている間に、冷凍おかずセット「わんまいる健幸ディナー」を用意してもらいました。

今夜の主菜は、江戸時代に伊達藩直轄として栄えた宮城県名取市閖上漁港で当時五十集(いさば)と呼ばれる女性の行商人が周辺諸国に売り歩いた閖上漁港名物「焼きカレイ」を再現。

副菜は、ある様で少ない国産大豆の厚揚げを使った、「厚揚げと大根と人参の炊合せ」

副々菜は、山形県北部最上郡特産の「秘伝豆の塩茹で」

岐阜の母から母の日のお返しに送って来た「飛騨牛のしぐれ煮」



調理は閖上漁港内の水産加工会社に焼いてもらっているので新鮮だから箸で半身がポロッと取れます。

贅沢にも半身を包んでがぶりっ。カレイ自身の自然の塩加減が凄く美味しい!

国産大豆の厚揚げの炊合せは、出汁が染み込んで食べた瞬間何だかホッとします。和食っていいね

大根も個包装真空調理冷凍で、湯せん解凍だから食感が損なわれず出汁が染み込み旨い!

長嶋一茂さんがテレビで取り上げて人気殺到した山形県最上郡特産秘伝豆の塩茹で。枝豆でもなく大豆でもない、食感と旨味は口では表現出来ません。単品でもわんまいるサイトで販売してるので是非お試し下さい。



閖上漁港名物「焼きカレイ」セットを獺祭純米大吟醸酒で楽しみました。

「飛騨牛しぐれ煮」で新潟コシヒカリを食べてご馳走様。飛騨牛しぐれ煮やっぱり旨い!



今日も1日お疲れ様でした。


冷凍おかず「牛骨を長時間煮たフォンドボーで作った国産牛のビーフシチューセット」でディナー

2024年5月27日(月)18時30分 
今日は気圧の影響か、腰から足が痺れて痛むので真っ直ぐ家に戻りストレッチをして風呂に入り、冷凍おかずセット「わんまいる健幸ディナー」を用意してもらいました。

多くのホテルやレストランで使われている牛骨を長時間煮込んだフォン・ド・ボーを使用して糖度が一般の玉ねぎに比べ2倍あると言われる淡路島産を使い、煮崩れし難い北海道黄爵(とうや)に国産牛バラ肉を1ミリスライスして余分な脂質とアクをサッとボイルして取り除いて煮込んだ国産食材100%のビーフシチューです。

副菜は、玉ねぎとコーンとしめじのスープ煮

副々菜は、キャベツと千切りごぼうのドレッシングサラダを流水解凍で。

いかりスーパー自家製バゲットに伊藤ハムポールウインナーにレッドチェダーチーズをトッピングしてトースト。



円安でも値上げしない超お買い得いかりスーパー直輸入の南フランス カベルネソーヴィニヨン30%オーク樽熟成をたっぷり氷を入れて用意

大きな男爵芋をガブリッ!ホクホクです。

淡路島産の玉ねぎ甘くて美味しい

サッとボイルした国産牛肩からバラにかけての部位を1ミリスライスして煮込んでいて、柔らかくてニクニクしく美味しい。

サラダは流水解凍で冷たく食べるのがいいね。シャキシャキ食感で旨い!



バタースープが染み込んだ玉ねぎもしめじも美味しい。思わずワインに手が伸びる!

1934年に発売され子供の頃からずっと食べている伊藤ハムのポールウインナーを挟んで、はみ出させているのが大阪発祥のホットドックの食べ方です。はみ出たところが焼けて格別に旨い。



ワインでゆっくり家飲みを楽しみました。健幸ディナーに感謝!

冷凍おかず「わんまいる健幸ディナー/1262号」を検食しました。

2024年5月27日(月)12時02分 
毎週月曜日は来週神戸市の冷凍センターからお客様に出荷する冷凍おかずセット国産食材100%使用「わんまいる健幸ディナー」の最終検食を実施しています。1食目は、「主菜/石見ポークと北海道産ホタテの八宝菜・副菜/揚げ春巻き餃子・もやしと人参のナムル」セット

今回から採用した山形県北部最上郡鮭川村で栽培されている最上椎茸。ツルッとした食感で旨い!

ご存知、今や希少な豚肉となったA級グルメの町島根県邑南町の石見ポーク。脂質が溶けて赤身だけに

食べて応援! 北海道噴火湾で獲れたホタテ貝柱

副菜は、業務用点心製造老舗東京杉並区の隆峯さんの揚げ春巻き餃子です。



流水解凍でシャキシャキ食感が味わえる、もやしと人参のナムル

 

 

2食目は、「主菜/懐かしい肉屋のメンチカツ・副菜/キャベツと豆もやしのカレー煮込み・さつまいものポテトサラダ」セット。

昭和18年創業大阪西区の老舗総菜製造会社に再現してもらいました。うーん懐かし過ぎる!この味覚。

思わずパンにメンチカツと一緒に挟みたくなる。コレまた懐かしいキャベツのカレー煮込み。

昭和の味を満喫。サツマイモのポテトサラダ!酸味があって美味しい!



3食目は、「主菜/みやぎ豚丼の具・副菜/根菜の旨煮・白菜の昆布漬け」セット。



山形県と宮城県をまたがる豪雪で有名な蔵王山の太平洋側の比較的緩やかな斜面で良質な伏流水を飲んで育った東北和豚。上質のオレイン酸を含む不飽和脂肪酸が溶けて玉ねぎの旨味と出汁の旨みが三味一体となり抜群に美味しいです。



副菜の白菜の昆布漬けに七味唐辛子とポン酢をかけるとバッチグー!

副々菜の東北産大根と人参とごぼうの旨煮。素朴な味覚でホッとします

 

4食目「主菜/北海道産天然ぶりの照り焼き・副菜/高野豆腐の彩野菜の炊合せ・みかんと大根の和サラダ」セット。

大正14年創業 神戸市中央卸売市場の魚河岸の職人さんに遠赤外線ガス台で手焼きしたぶりの照り焼き。天然ならではの身の締まり具合。箸でほぐしてがぶりっ!

大手スーパー社長が試食して絶賛してくれた高野豆腐と彩り野菜の炊合せ。精進料理としても提供される日本のおかずの代表メニューです。

白菜とみかんと人参を和えたほんのり甘酸っぱく流水解凍で冷たくて美味しい和サラダです。

5食目は、「主菜/千葉県産鯖の塩焼き・副菜/ほうれん草と人参厚揚げの炊合せ・なめこ入り味付け大根おろし」セット。



さすが水揚げ日本一の千葉県銚子漁港の鯖だけあって脂が乗って無茶苦茶美味しい。新鮮だから身がポロッと獲れて美味しい!

トリドールさんが営む天ぷら専門店「まきの」にも卸している群馬県太田市 三和食品さんのなめこ入り味付け大根おろし。僕は鯖のほぐし身を入れてかき混ぜて食べています。

意外に製造が少ない国産大豆製造の厚揚げを使った、ほうれん草と人参の炊合せです。食べる度に和食っていいなぁと思う逸品です。



今週も主菜5品と副菜10品 健幸ディナー5食セットを検食しました。出荷OK!

冷凍おかず「日南どり使用 大分から揚げセット&北海道鮭の南蛮漬け」で晩ご飯

2024年5月25日(土)18時10分 
仕事を早めに切り上げ、ジムに行って散髪し、いかりスーパーでバゲットを買って帰る土曜日の日課を終えて、自宅に戻り、風呂に入っている間に冷凍おかずセット「わんまいる健幸ディナー」に食べて応援!「国産お魚料理の定期便ボンキッシュ」から一品追加して晩ご飯を用意してもらいました。

健幸ディナー主菜は、一般的な狭いケージ飼いに比べストレスが少ない囲い内飼い放しの鶏王国宮崎県を代表する日南どりを使用して大分グルメ「とり天」「豊後のから揚げ」の名前を全国に広げたとして地元で知られるデリカフーズ大塚さんに作ってもらった「大分から揚げ」です。

副菜は、白菜と小松菜の中華風お浸し

副々菜は、ピーマンと玉ねぎと人参の甘酢あんかけ

コレにボンキッシュ5月のメニューから「北海道産鮭の南蛮漬け」を足してもらいました。野菜が沢山入り美味しそう!



紹興酒の代わりにいつものいかりスーパー直輸入フランス南部のカベルネソーヴィニヨンをバカラワイングラスに氷を入れて頂きます。

先ずは、流水解凍した北海道産鮭の野菜たっぷり南蛮漬けを冷たく頂きます。鮭を箸で取り出し超千切りの玉ねぎピーマン人参を乗せてがぶりっ!ツンと来ない優しい酸味が効いて美味しい!思わずワインに手が伸びる。

本場大分て作ってもらっている「大分から揚げ」。日南どり使用で弾力があって柔らかく、噛めば噛むほど旨味が出る。コレまたワインに合う!

流水解凍したごま油香る白菜と小松菜の中華風お浸しも冷たくて美味しい

ゆっくりと大相撲夏場所録画を観ながら晩酌を楽しんでから最後に新潟コシヒカリを紀州完熟南高梅梅干しで食べてご馳走様です。



今日も1日お疲れ様でした。

わんまいる堀田代表の献立メニュー紹介 (5/25~5/31お届け分)

弊社は、日本各地の郷土料理やご当地グルメ(常温・チルド・冷凍)を取り扱う中で、常温商品の殆どがレトルト殺菌でレトルト臭や缶詰の様に特有の味覚で僕は苦手。チルド商品は美味しいのですが、日持ちがしなく、保存料を使用している商品が多く、個人的に体に良くないと知人の医師や医学博士から聞いており、そこで”美味しくて健康”を考えると「冷凍」するのが良いと思っています。ワントレーに詰めたレンジタイプの冷凍弁当の方が主菜・副菜を別々に個包装真空パック冷凍するよりはるかにコストが安く済むのですが、”冷たい料理”をメニューに採用する事が出来ない。電子レンジで解凍すると「焦げたり・パサついたり・べた付いたり」するので、湯せんと流水解凍して盛り付ける「個包装パック冷凍技術」を採用し、冷凍おかずセットを提供させていただいています。フライを湯せんで解凍?と初めての人は首をかしげますが、レンジよりふっくらサクッと美味しく仕上がります。では、今週の献立メニューをご紹介させていただきます。

1食目の主菜は、「千葉県産さばの煮付け」です。正に個包装冷凍技術ならではの薄味ながら出汁が染み込んだ鯖をお召し上がり下さい。さばの水揚げ日本一を誇る千葉県産を使用しています。さばの脂質には、DHAやEPAなど不飽和脂肪酸が豊富で、悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあります。また、血合い部分には鉄分やビタミン群、タウリンが多く含まれているんです。副菜は、「五目厚焼玉子」と、野菜の中でも食物繊維が豊富で、生活習慣病の予防や便秘解消など体にいいことがたくさんがあるごぼうに牛肉の細切れを甘辛く炊き上げた「ごぼうの旨煮」をセットにしました。

2食目の主菜は、「瀬戸内海産 太刀魚と茄子の揚げびたし」です。香川県さぬき市の水産会社安岐水産さんに、地元瀬戸内で獲れる太刀魚を、丁寧に身だけをカットし、粉を打って大きめにカットした茄子をサッと油で揚げた後、大根おろしを入れて秘伝の出汁につけました。カリッと揚った太刀魚が出汁を吸った大根おろしに塗されて、流水解凍で冷たく美味しいメニューに仕上げました。骨も取り除いて食べ易いです。副菜には、石見ポークの挽肉を絡めてほくほくとした食感の「じゃが芋の煮ころがし」と「油麩とひじきの煮物」をセットに。ひじきの植物性の鉄は、じゃがいもに含まれるビタミンCなどと一緒に摂ると吸収率が良くなります。

3食目の主菜は、「国産牛肉の肉豆腐」です。明治初期兵庫県淡路島で創業された関西のホテル・レストランに卸される沖物産さんで製造、1.0mmにスライスした国産牛バラ肉を軽くボイルして余分な脂を落し、焼き豆腐・白菜・ごぼう・玉ねぎ・人参を入れて、特製つゆで煮込みました。甘めのつゆが食材にじっくりしみ込んでいて、とき玉子をつけて食べたら最高です。残った煮汁をご飯にかけても美味しいです。肉が硬いと思われるお客様はお手数ですが肉を刻み盛り付けて下さい。副菜は、食物繊維が豊富なまいたけにじっくり染み込んだ「最上まいたけと玉ねぎの卵とじ」と、群馬県大田市特産の大和芋を使った「味付け山芋とろろ」をセットにしました。山芋のねばり成分は、胃の粘膜を保護して消化機能をアップしてくれる効果があります。そのまま又は山葵醤油、更には卵黄を混ぜてご飯にかけても美味しいですよ。

4食目主菜は、「石見ポークの一口カツ」です。島根県邑南町で飼育されて、赤身が美味しいケンボロー種のブランド豚「石見ポーク」のもも肉を使っていて柔らかく、赤身の甘味を感じてください。副菜は、トロッとした食感がくせになるトマトの酸味が爽やかな「茄子のトマト煮」をセットにしました。ナスの色素であるナスニンには強い抗酸化作用があり、抗酸化作用があるトマトと組み合わせて、悪玉コレステロール値の低下や善玉コレステロール値の維持に働き、中性脂肪の増加を防ぐ相乗効果があります。もう一品には、じゃがいも、人参、ブロッコリーを使った「温野菜サラダ」をご用意しました。野菜本来の甘みが楽しめる一品です。お好みで塩やマヨネーズなどかけてお召し上がりください。

5食目の主菜は、「天津玉子の中華あんかけ」です。高級寿司屋から学校給食まで玉子焼きを納めている、富山市の玉子焼き専門調理会社の三和製玉さんに作ってもらっていて、トロっとして滑らかな玉子を細かく刻んだ椎茸とねぎとピーマンをオイスターソースで仕立てたあんと絡み合って満足いただける一品です。副菜は神戸市元町の中華街を主に関西の中華料理店に卸されている点心専門のタイカイさんが作った豚の旨味がぎゅっと詰まった「国産ポーク焼売」と、もう一品には、箸休めとして「白菜の胡麻和え」をセットにしました。白菜にはビタミンCや食物繊維が豊富に含まれています。

今週もそれぞれの料理を得意とする老舗の食品製造会社10社様にご協力いただきました。
では来週もおたのしみに!