MENU
カテゴリー
おはる
管理人
宅配食・ミールキット愛用歴8年。これまで利用してきた宅配食は30社を超えました。
これまでの経験を生かして美味しい宅配食&料理キットをご紹介しています(๑❛ڡ❛๑)
▶冷凍弁当・宅配弁当ランキング【特集】

大根の葉の注意点とは?食べすぎはNGなのは本当か?

※本ページにはPRが含まれます。

大根の葉は、食べても問題ないのは知っているけど注意点があるのは知らない

食べ過ぎるといけないって知ってはいるけどなぜ?

このように大根の葉は食べられるけど、注意点や危険なポイントを知らずに食べている方はいらっしゃいませんか?

大根の葉は、栄養満点で大根本体だけでなく葉っぱまでしっかり食べるという方もいらっしゃると思います。

当記事では、大根の葉を食べる際の注意するべきことを紹介します。

是非参考にしてください。

PICK UPnosh
noshのおすすめポイント
  • 初回3,000円OFF!
  • 全メニュー糖質30g以下
  • 60種類以上の豊富なメニュー

目次

大根の葉を食べる際の注意点

大根の葉は栄養豊富で美味しい食材ですが、食べる際にはいくつかの注意点があります。

ここではそのポイントについて紹介します。

大根を葉っぱごと購入した方や家庭農園で大根を作っている方は是非参考にしてください。

新鮮な葉っぱには、とげとげがある

大根の葉は新鮮なものほど美味しいですが、注意が必要です。

なぜなら、新しい葉には微細なとげが含まれているからです。

食べる前によく洗い、加熱調理するか、細かく刻んでから摂取しましょう。

ナトリウムの過剰摂取

大根の葉には食物繊維やビタミンが豊富ですが、同時に多くのナトリウムを含んでいることもあります。

ナトリウムの過剰摂取は血圧上昇などの健康問題を引き起こす可能性があるため、摂取量に気をつけましょう。

また、むくみや食道がんのリスクを高める可能性があります。

尿路結石のリスク

大根の葉には酸性の成分が含まれており、これが尿路結石の形成を促進する可能性があります。

尿路結石に悩んでいる人は、大量摂取を避け、適度な量で楽しむようにしましょう。

農薬の摂取

大根の葉には農薬の残留が懸念されることがあります。

購入した葉っぱはよく洗ってから調理するか、できるだけ有機栽培のものを選ぶように心がけましょう。

大根の葉を上手に利用するためには、これらの注意点を把握し、適切な調理法と摂取量に気を付けることが重要です。

根の葉を料理する際の注意点

根の葉は料理において独自の風味を楽しむことができるが、注意が必要です。

以下に、根の葉を料理する際のポイントを紹介します。

必ずあく抜きをする

大根の葉を調理する際には、必ずあく抜きを行うことが重要です。

大根の葉には苦みを感じさせる成分が含まれているため、あく抜きを怠ると料理全体が苦味を抑える可能性があります。

また、お子様も食べやすくなるので少しめんどい臭い作業ですが行うべきです。

適切な下ごしらえを行い、あくを抜いてから料理に取り掛かりましょう。

生では食べない

根の葉は生での摂取を避けるべきです。

生の状態では苦味が際立ち、食べるのが難しくなります。

適切に加熱処理を行うことで、苦味を和らげて食べやすくなります。

炒めたり、煮込んだりするなど、調理法に工夫を加えてお楽しみください。

大根の葉の主な栄養分

大根の葉は健康に良い栄養分が豊富に含まれています。

以下に、大根の葉が提供する主な栄養成分について紹介します。

ビタミンA、C

大根の葉はビタミンAとCが豊富に含まれています。

ビタミンAは視力の維持や免疫機能の向上に寄与し、ビタミンCは抗酸化作用があり、肌の健康や免疫力向上に役立ちます。

これらのビタミンは新鮮な大根の葉から効果的に摂取できます。

鉄分

大根の葉には鉄分も含まれています。

鉄分は血液中のヘモグロビンの構成要素であり、酸素を運搬して体全体にエネルギーを供給する役割を果たします。

貧血予防やエネルギー代謝のサポートに役立つ栄養素です。

カルシウム

大根の葉にはカルシウムも含まれています。カルシウムは骨や歯の形成に重要であり、神経伝達や筋肉の収縮にも関与しています。

大根の葉を食べることで、カルシウムを摂取し骨や歯の健康をサポートすることができます。

大根の葉はこれらの栄養素がバランスよく含まれており、食事に取り入れることで健康促進に寄与します。

バラエティ豊かな食生活に大根の葉を加え、様々な栄養を摂取しましょう。

大根の葉の簡単なあく抜き方法

ここからは、大根の葉の簡単なあく抜き方法を紹介します。

あく抜き=面倒で大変な作業というイメージがありますが、全くそんなことありません。

むしろこのひと手間で簡単に、癖がなく食べやすくなるのでとてもからなずあく抜きをするようにしましょう。

大根の葉が浸かるほどのお湯を沸かす

鍋に大根の葉が浸るくらいの水を入れて、沸騰させましょう。

大根の葉が大きく鍋に入りきらない場合は、カットして適切な大きさにしましょう。

塩を1つまみ入れて、茎の部分を2分と葉っぱ部分を1分茹でる

次に、塩を1つまみ入れ大根の葉を入れる準備をしましょう。

お湯に大根の葉っぱを入れる際の注意点ですが、最初に茎の部分を入れてから葉っぱの部分を入れるようにしましょう。

理由は、茎の部分と葉っぱの部分では、熱が通るまでの時間が異なるからです。

よって茎の部分を2分・葉っぱの部分は1分の時間で茹でるようにしましょう。

大根の葉の保存方法

大根の葉は新鮮な状態で保存することでその美味しさと栄養価を保つことができます。

以下に、効果的な保存方法について紹介します。

冷蔵なら2~3日ほど

大根の葉を冷蔵庫で保存する場合、ビニール袋やプラスチック容器に入れ、しっかりと密封して冷蔵庫に保管しましょう。

新鮮な状態を保つために、できるだけ早めに使うよう心がけ、2~3日以内に消費することが理想的です。

保存中に葉がしんなりしてきた場合は、シャキッとした食感を取り戻すために水にさらすと良いです。

冷凍すれば一か月ほど保存可能

大根の葉をより長期間保存したい場合は、冷凍がおすすめです。

洗って水気を十分に拭き取り、適切な大きさに切ってから冷凍袋に入れ、空気を抜いて密封します。

冷凍庫で保存することで、栄養価を効果的に保ちながら一か月ほど保存することができます。

解凍後は炒め物やスープなどに利用して新鮮な味わいを楽しんでください。

大根の葉の驚きの効果とは?

大根の葉はただ美味しいだけでなく、驚くべき健康効果があります。

以下に、大根の葉がもたらす効果について紹介します。

腸を整える

大根の葉には食物繊維が豊富に含まれており、これが腸の働きをサポートします。

食物繊維は便通を促進し、腸内環境を整える助けとなります。

腸の健康が維持されることで、消化吸収もスムーズに行われ、全体的な健康に寄与します。

貧血予防

大根の葉には鉄分が豊富に含まれています。

鉄分は血液中のヘモグロビンの構成成分であり、貧血の予防や改善に寄与します。

特に鉄分は植物由来のものであるため、動物性食品と組み合わせて摂ることで吸収率が向上します。

免疫力を高める

大根の葉にはビタミンAやCが豊富に含まれています。

これらの栄養素は免疫力を向上させ、体を病気から守る働きがあります。

日常の食事に大根の葉を取り入れることで、風邪や他の病気に対する抵抗力を向上させることが期待できます。

おすすめの大根の葉を使ったレシピ

最後は、おすすめの大根の葉を使ったレシピを紹介します。

大根の葉をどのように調理するか知らないという方は、下記3つのレシピを参考にしてください!

大根の葉っぱのふりかけ

大根の葉っぱのふりかけは、ご飯にぴったりです。

簡単に作ることができ、良いご飯のお供になります。

大根の葉っぱのつけもの

さっぱりと漬物にして食べるのもおすすめです。

塩漬け・浅漬けなど、どんな種類の漬け方にも合います。

大根の葉と油揚げの炒め

大根の葉は、炒め物にも合います。

特に油揚げといためることでよいおかずになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

当記事で大根の葉の危険性からレシピまで詳しく知ることができたと思います。

是非参考にしていただけば幸いです。

あわせて読みたい
冷凍弁当宅配おすすめランキング20選【人気の宅配弁当総決算!】 この記事でわかること 冷凍弁当宅配サービス30社を「美味しさ」「価格の安さ」「送料の安さ」「制限食の有無」「栄養バランスの良さ」などの様々な面を比較し、どれが最...
あわせて読みたい
無添加の宅配弁当・惣菜宅配おすすめランキング【添加物不使用の冷凍おかずまとめ】 日本で販売されている食品・加工食品の中には、ジャンクフード大国とも言えるアメリカでも認可されていない食品添加物が使われていることもあります。 普段から何気なく...
あわせて読みたい
産後宅配弁当・惣菜宅配おすすめ11選【妊娠中・産後に摂りたい栄養は?】 出産後のママさんは自分自身の食事や家族の食事作りなど、食事に関して多く悩みを抱える時期でもあります。 赤ちゃんの面倒を見ながら自分や家族の食事を作るのが大変… ...

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【プロフィール】
30社以上の宅配食・ミールキットを体験した食材宅配サービス愛好家です♪ミールキット・野菜通販・宅配食や冷凍弁当などのサービスを体験取材中!通販食材で作った料理レポも更新中です。

目次