MENU
カテゴリー
おはる
管理人
宅配食・ミールキット愛用歴8年。これまで利用してきた宅配食は30社を超えました。
これまでの経験を生かして美味しい宅配食&料理キットをご紹介しています(๑❛ڡ❛๑)
▶冷凍弁当・宅配弁当ランキング【特集】

宅配介護食のおすすめランキング【誰でも食べやすいやわらかい食事を紹介】

※本ページにはPRが含まれます。

噛む力や飲み込む力が弱くなってしまったご高齢者の食事や、親知らずや虫歯を抜歯したときの食事には「やわらかい食事」がおすすめ。

「やわらか食」は、味やおかずの見た目は通常の食事と変わらないのに、食べてみると舌でつぶせるほどのやわらかさで顎や歯に負担をかけずにゴハンを食べられるのが特徴です。

特に、飲み込む力が弱くなった高齢者の場合は食事による事故を防ぐ目的でも利用されています。

この記事では噛む力が弱くなってしまったご高齢者や、介護が必要なシニア世代の方にも食べやすい「やわらかい食事宅配サービス」をご紹介していきます!

目次

やわらかい介護食宅配おすすめランキング

おすすめのやわらかい介護食のおすすめランキングを紹介します。

どのサービスも、高齢者のことを考えて食べやすいように工夫されている宅食サービスです。

是非参考にしてください。

1位:やわらかダイニング

やわらかダイニングは、3段階のやわらかさのコースに分かれています。

コース名 特徴
ちょっとやわらかめ宅配食コース 固いものや大きい物が苦手な人でも食べやすいように通常の食事より少しやわらかく仕上げられています。
かなりやわらか宅配食 箸でかんたんに切れる程度のやわらかさで、おかずによってはとろみがついているので飲み込みやすさにも配慮されています。
ムースやわらか宅配食 おかずの形は失わず、スプーンでつぶせるほどのやわらかさに仕上げられています。このコースのみ3食お試しセットが用意されてるので味見も可能。

ムースやわらか食はお試し3食セットが用意されているので、比較のためにまずお試しセットを注文するのがおすすめですよー!

おすすめ度 ★★★★★
1食当りの価格 710円~
セット価格 ・ちょっとやわらかめ宅配食
7食セット 4,968円(1食 710円)
・かなりやわらか宅配食
7食セット 5,616円(1食 802円)
・ムースやわらか宅配食
7食セット 5,616円(1食 802円)
送料 初回送料無料。通常770円、定期便の場合は1配送385円

あわせて読みたい
ウェルネスダイニングの料金は安い?他のサービスと比較してみた! 「ウェルネスダイニングの料金てどれくらい?」 「なるべく安い減塩食が欲しいけど、ウェルネスダイニングってどう?」 このようにウェルネスダイニングの料金に関する...
あわせて読みたい
ウェルネスダイニングの口コミ・評判は?【必ずチェック!お得に買う方法】 ウェルネスダイニングは制限食の種類が豊富な冷凍タイプの宅配食サービスです。食事の内容に気を使いたい方、ダイエットや持病などを理由とした食事制限が必要な方向け...


\ 初回送料無料!お試しセットも◎ / やわらかさのレベルを3段階から選択可能!


2位:食宅便 やわらか食

食宅便のやわらか食コースは、下記3つの特徴があります。

    • 舌でつぶせるほどの柔らかさ

    • 見た目がきれい

    • 全商品塩分が2g以下

やわらかさのレベルは、おかず本来の食感を失わない程度で柔らかく仕上げられているので丁度良いバランスです。

メニューも、赤魚の味噌がけやハンバーグなど幅広く存在します。

また、食卓便にはムースミールもあり舌でつぶせるほどの柔らかさが魅力です。

全メニュー250キロカロリー以下で運動もあまり行わないお年寄りが食べても肥満のリスクはありません。

彩も鮮やかな食卓便の宅食は、毎日の食事が豊かになること間違いなしです

おすすめ度 ★★★★☆
1食の値段 620円
セット価格 7食セット 4,287円
送料 1配送390円


\ 美味しさと安さが魅力 / 1食あたり560円~・定期便での利用なら送料390円

3位:食のそよ風「やさしい食感コース」

食のそよ風

噛む力・飲み込む力が弱くなってきたと感じはじめた人や、抜歯後でもしっかりゴハンを食べたいという方におすすめの宅配食です。

やわらかさのレベルは他のやわらか食よりも低く、通常の食事より少しだけやわらかいおかずが食べたい、という方におすすめ。
風味豊かな満足度の高いおかずが食べられます。

おすすめ度 ★★★★☆
1食の値段 669円
セット価格 10食 6,696円(1食669円)
お試し5食セット 3,348円
送料 都度購入の場合980円
定期便の場合は送料無料(定期便は最低利用回数縛りあり・6回以上)


\ コスパ最強!1食440円から / 定期便ならずっと送料無料!


4位:スギサポdeli やわらか食

スギサポデリ やわらか食
【やわらか食 はるかセット】鮭の塩麹焼き弁当

箸やスプーンで切れる・はぐきでつぶせる程度のやわらかさの宅配弁当です。
日本摂食嚥下リハビリテーション学会の嚥下調整食分類で「嚥下調整食4」に相当するやわらかさなので、飲み込みやすさも優秀。

見た目はそのままなので、通常の食事を食べている感覚があり、野菜もバランスよく食べられるのが魅力。薬局チェーンのスギ薬局が運営していることも安心ポイントです。

おすすめ度 ★★★★☆
1食の値段 680円
セット価格 6食セット 4,082円
塩分量 1食当たり3g前後
送料 初回送料無料。
通常1配送917円(2セットまで)


\ やわらか食6食セット4,082円 /

5位:ワタミの宅食ダイレクト介護食

ワタミの宅食ダイレクト 介護食
【出典】ワタミの宅食ダイレクト公式サイト

食べやすい・飲み込みやすい・美味しい、三拍子揃ったやわらか食です。
塩分が1食2g以下なのも魅力。他のやわらか食と同様、冷凍で1ヶ月以上の保存が可能。
お弁当のサイズがコンパクトなのでストックしやすいのも便利なポイント。

やわらかさは2段階に分かれています。

ワタミの介護食 イタリアンハンバーグ弁当
やわらかおかずコース
・1食680円
・1食あたり約200kcal
・たんぱく質 約9g程度
・食塩相当量2.0g以下

ワタミの介護食 牛肉のみぞれ煮弁当
ムース食コース
・1食670円
・1食あたり 約250kcal
・たんぱく質 約14.6g
・食塩相当量 1.5g以下

やわらかおかずコースは見た目は普通食のままで、口の中でのまとまりやすさを重視したコース。
今まで食べてきた普通の料理では食べにくくなってきた、という高齢者にピッタリ!

ムース食コースはユニバーサルデザインフード(やわらかさの基準)に沿ったやわらかさ。飲み込みやすさを重視して作られたお弁当です。

どちらのコースも食べやすく美味しい味付けなので、希望のやわらかさに合わせてコースを選べばOKです!

おすすめ度 ★★★★☆
値段 【やわらかおかずコース】
8食セット5,440円(1食670円)
【ムース食コース】
8食セット5,440円(1食680円)
※税込価格
送料 送料全国一律 800円(税込)

6位:メディカルフードサービス

管理栄養士が監修した「MFSやわらか食」は、高齢者施設に食事を納品してきたメディカルフードサービス株式会社が手掛ける冷凍弁当なので、おいしさと食べやすさのバランスが良いと人気。

やわらかさのレベルは、「歯茎でつぶせる固さ」で、おかずの見た目も損なわず、満足度の高いお弁当です。

おすすめ度 ★★★★☆
1食の価格 889円
セット価格 ・MFSやわらか食 通常コース 6食セット 5,335円(1食889円)
・MFSやわらか食 減塩食 6食セット 5,454円(1食909円)
・MFSやわらか食 栄養強化食 6食セット 5,983円
塩分量 減塩食コース 1食当り1.7g以下
通常コース 1食当り2.2g以下
栄養強化食 1食当り2.2g以下
送料 送料無料


\ 送料無料! /
公式サイトはこちらから
/ 制限食が充実の宅配食 \

7位:ベネッセおうちごはん

ベネッセのおうちごはんには、下記3つの特徴があります。

特徴
  • 365日毎日配達してくれる
  • 1食から注文OK
  • 毎日異なるメニューだから飽きない!
  • 高齢者でも食べやすいやわらかさ

1食の値段 550円
値段 ベストランチ:4食 2,400円
ベストランチ:8食 4400円
バランス健康食6食:3,980円
バランス健康食【定期便】:7食4,200円
送料 全国⼀律790円(税込)

ベネッセのおうちごはんは、高齢者が食べやすいやわらかい食事以外にも、「塩分制限食」「バランス栄養食」の2つがあります。

どのコースも、管理栄養士が監修しプロの調理師が制作しています。

有料老人ホームを運営するベネッセだからこそつくることができたベネッセのおうちごはんを是非お試しください!

8位:SOMPOケアフーズ

SOMPOケアフーズは、「食楽膳」という在宅介護向け食事宅配サービスを行っています。

食楽膳は、基本的に65歳以上向けの介護食で、食材の柔らかさ・高栄養メニューを選ぶことができます。

特徴
  • 食材の硬さをレギュラー・ソフト・ムース・ピューレの4つから選ぶことができる
  • ご飯と合わせて食べることで、1日の3分の1のエネルギーを摂取することができる
  • ピューレ食があるのは、SOMPOケアフーズだけ

また、食楽膳は塩分・カロリーも考えられており高齢者の方に安心して食べさせることができます。

料金も1食352円と業界の中でも最安です。

1食の値段 352円
値段   7食コース:2,080円
14食コース:5,180円
21食コース:7,392円
送料 東北・関東・中部・関西 480円(税込)
北海道・中国・四国・九州 680円(税込)
沖縄 2,200円(税込)

SOMPOケアフーズは、注文すればするほど安くなる(最大10%OFF)ので、定期購入をすることをおすすめします!

9位:タイへイ

タイヘイも、介護食を取り扱っている宅食サービスです。

ムース食やソフト食があり、噛みやすく高齢者の方でも食べやすい宅配食です。

お肉やお魚は、スプーンで食べやすいやわらかさです。

特徴
  • 口の中でまとまりやすい
  • スプーンでつぶせるやわらかさ
  • 栄養士が選んだメニューを日替わりで食べられる

1食の値段 654円
値段 ソフト御膳(ムース)7食:5,100円
【冷凍】ソフト御膳(やわらか)5食:3,780円
【冷凍】ソフト御膳朝食ムース食36個入りAセット:23,500円
送料 定期便なら送料無料

タイヘイは、48年続く宅サービスの老舗です。

気になる方は、是非チェックして見てください。 

10位:ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニングにも、介護食向けのやわらか宅配食があります。

柔らかさが、「ちょっとやわらかめ」「かなりやわらか」「ムースやわらか」の3つに分けられています。

また、糖質・塩分・栄養バランスなどにも配慮されたメニューもあり、自分の体の状態にあったメニューを選ぶことができます。

特徴
  • 1食あたりの塩分量:2.2g以下
  • スプーンでつぶせるやわらかさ
  • 初回送料無料
  • 栄養バランスに配慮した多彩なやわらかメニュー

1食の値段 695円~
値段 ちょっとやわらかめ7食:4,968円
ちょっとやわらかめ14食:9,828円
ちょっとやわらかめ21食:14,580円
かなりやわらかめ7食:5,616円
かなりやわらかめ14食:10,692円
かなりやわらかめ21食:15,984円
ムースやわらか宅配食3食:1,620円
ムースやわらか宅配食7食:5,616円
ムースやわらか宅配食14食:10,692円
ムースやわらか宅配食21食:15,984円
送料 都度注文:770円
定期注文:385円

ウェルネスダイニングには、介護食だけでなくダイエット・健康を目的としたメニューもあるので家族皆で楽しむことができます。

11位:まごころケア食

まごころケア食は、ムース食が有名な宅配サービスです。

主菜1品+副菜3品で構成されており、咀嚼・嚥下のしやすいのどごしです。

また、塩分も2g以下で健康にもよいです。

特徴
  • 和食と洋食を中心に幅広いメニュー
  • スプーンでつぶせるやわらかさ
  • 初回限定お得便がある

1食の値段 364円
値段 【まごころお得便】ムース食7食セット:2,772円
【まごころお得便】ムース食14食セット:5,152円
【まごころお得便】ムース食21食セット:7,644円
送料 980円

電子レンジでチンするだけすぐに食べることができるので是非お試しください!

12位:コープデリ

コープでも、介護食向けの宅食サービスがあります。

やわらか食・きざみ食・ムース食があり、自分にあった食事を注文することができます。

また、コープには自治体と連携した、地域見守り活動があります。

毎日配達を行ってくれるので、配達員の方が少しでも異変があった場合は子供・親戚に連絡がいくというものです。

特徴
  • 見守りサービスあり
  • スプーンでつぶせるやわらかさ
  • 塩分・カロリー・たんぱく質などを調整メニュー
  • 管理栄養士監修メニュー

1食の値段 684円
値段 カロリー制限気づかい御膳14定期コース:9,828円
カロリー制限気づかい御膳21定期コース:14,364円
塩分制限気づかい御膳14定期コース:9,828円
塩分制限気づかい御膳21定期コース:14,364円
糖質制限気づかい御膳14定期コース:9,828円
糖質制限気づかい御膳21定期コース:14,364円
送料 定期便なら送料無料

13位:Dr. つるかめキッチン

Dr.つるかめキッチンは、管理栄養士と医師が監修の介護食メニューがある宅食サービスです。

Dr.つるかめキッチンには、「糖質」「塩分」「タンパク&塩分」「摂取カロリー」「健康」に特化した5つのコースがあります。

高齢者・介護食では、食材のやわらかさ以外にも塩分・カロリーにも気を遣わなければ行けません。

Dr.つるかめキッチンには、各ユーザーの悩みに特化したコースがあるので、体調に合わせて利用することができます。

特徴
  • 専門医&管理栄養士のダブル監修の献立
  • 100%国内工場で製造
  • 塩分・カロリー・たんぱく質などを調整メニュー
  • 定期購入で送料無料

1食の値段 664円~
値段 つるかめバランス栄養御膳 定期便利用の場合
7食 4,968円
14食 9,504円
21食 13,932円
送料 都度購入:770円
定期購入:送料無料

制限食を探しているという方は、是非Dr.つるかめキッチンを利用して見ましょう。

14位:宅配クック

宅配クック123は、高齢者専門宅配弁当サービスです。
宅配クックの想いとして、「ご家族になれなくてもお隣さんにはなれる」という信念があります。

ただお弁当を届けるだけでなく、お客様の様子をうかがってくれます。

また、弁当の味・バランスにもこだわっており肉・魚・卵・豆製品・野菜で偏りがないように作られています。

また、箸で崩せる程度のやわらかさなので介護食としても利用可能です。

特徴
  • メニューは、500kcal前後、食塩相当量3.0g以下
  • 料理によってはかぶりつくものもあり、咀嚼能力の低下を防ぐ配慮がある
  • 原則手渡しで配達してくれる
  • 定期購入で送料無料
1食の値段 540円~831円
値段 普通食:670円
幸しあわせたんぱく食:734円
カロリー・塩分調整食:831円
たんぱく・塩分調整食:831円
透析食:831円
消化にやさしい食:831円
やわらか食:831円
ムースセット食:831円
送料 送料無料

自宅まで直接配達して貰いたい方は、是非宅配クックをご利用ください!

15位:ヘルスディッシュ

ヘルスディッシュは、ケア食を多く取り扱う宅食サービスです。

介護食で注文するなら、「やわらか食」「ムース・ソフト食」がおすすめです。

やわらか食は、スプーンで崩せる柔らかさで、噛む力が弱い方でも食べることができます。

特徴
  • お試しセットがある
  • 料理によってはかぶりつくものもあり、咀嚼能力の低下を防ぐ配慮がある
  • 原則手渡しで配達してくれる
  • 定期購入で送料無料
1食の値段 1040円
値段 柔らか食6食セット:6,242円  
ムース食14食セット:9,067円
送料 全国一律 送料無料

介護食向けの宅食サービスを選ぶポイント

高齢者や介護が必要な方々にとって、宅食サービスはとても便利です。

最近は、多くの介護食向けの宅配食事サービスがありどれを選べば良いか悩みますよね。

そんな方のために、介護食向けの宅食サービスを選ぶ際のポイントを紹介します。

是非参考にしてください。

長期的に続けることができる値段か

介護食の宅食サービスは長期間利用することが多いため、価格は重要です。

選んだサービスが予算内で長期間続けることができるかどうかを確認しましょう。

定期的な割引やプランの選択肢があるかもチェックしてください。

多くの宅食サービスでは、続ければ続けるほどお得になるプランも存在します。

お弁当の具の大きさ・やわらかさは適しているか

介護を必要とする方々にとって、食事の具の大きさややわらかさは重要です。

嚥下困難な場合や食事制限がある場合には、食べやすい具材が提供されているか確認しましょう。

また、具のやわらかさもとても重要です。

高齢者の顎の力で噛むことができるか事前に確認をしましょう。

配達の日時・時間を指定することができるか

介護を受けている方のスケジュールに合わせて食事を提供できるかどうかも考慮すべきポイントです。

希望する配達日時や時間を指定できるサービスを選ぶことで、利用者の生活に合ったサポートを受けることができます。

多くの宅食サービスでは、配達の日時・時間を指定することができます。

ですが、依頼する際は念のため確認を行いましょう。

栄養バランスはしっかりしているか

介護食は栄養バランスが重要です。

食事が必要な栄養素を適切に摂取できるか確認しましょう。

特別な食事制限が必要な場合には、それに対応できるサービスを選びましょう。

宅食サービスは、おかずのみの場合があるので主食(ご飯・パン)を用意するようにしましょう。

味つけが濃すぎないか

介護食の味つけは、適度な調味料を用いていますが、個々の好みや体調に合わせた味つけが必要です。

濃すぎない、軽めの味つけを提供しているサービスを検討しましょう。

介護食の場合は、味付けは薄めの方がおすすめです。

宅食サービスの中には、特に味付けがしっかり行ってある物もあるので事前にHPなどを見て介護・高齢者向けかしっかり確認してから依頼するようにしましょう。

お試し購入ができるか否か

最後に、選んだ宅食サービスがお試し購入のオプションを提供しているかを確認しましょう。

実際に食事を試して、自身や利用者の好みに合ったかどうかを確認することは重要です。

もし長期注文した宅食が口にあわなかったら、最悪ですよね。

これらのポイントを考慮しながら、介護食向けの宅食サービスを選ぶことで、利用者の健康と生活の質を向上させることができます。

親御さん・家族のために宅配の介護食を選ぶ際のポイント

高齢者の食事

「高齢の家族のためにやわらかい宅配食を選びたい」というとき、どれが家族の好みに合う味なのか柔らかさの好みはどの程度なのか?など、迷ってしまうポイントはたくさん。

宅配食サービスごとに「味の傾向」や「やわらかさのレベル」も異なるので、まずはお試しセットを一通り試してみるのが一番おすすめ

サービス会社によっては、お試しセットの他にも、初回割引価格でお得に購入できる場合があります。
まずは割引価格で買える宅配食から注文し、高齢者本人に一度味見して貰ってから継続して利用するサービスを選ぶのがおすすめです。

やわらかさのレベルをチェックしよう!

和食朝ごはん

特におすすめなのは、
「やわらかダイニング・ムースやわらか宅配食3食セット」
です。

「やわらかダイニング」の3つのコースの中で一番やわらかいコースのお弁当が3食セット1,620円 (税込)で試せます。

このコースを実際に試してみてもらってから、「やわらかすぎる」と感じるようなら、「かなりやわらか宅配食コース」や「ちょっとやわらか食コース」を試してみましょう。

お試しセットを用意しているサービスは他にもあります。
食のそよ風の「そよ風のやさしい食感 5食分お試しセット」は3,348円(1食620円)で購入可能です。

当サイト編集部内でサービス各社のお弁当を実食し、やわらかいと感じた順番を並べると…

・やわらかい
 ↓
・ふつう
という順序で並べています。1番上が最もやわらかいと感じたコースです。

味が好みに合うかをチェック!

箸

また、やわらかさだけでなく、「味の傾向」も重要なポイントです。
サービス各社によって味はかなり違うので、やわらかさはフィットしていても食べる本人の好みに合わない場合は別のサービスを選ぶのも重要。

人それぞれ好みによると思いますが、編集部内で試食した際、美味しい!と感じた宅配食を編集部スタッフの好みも交えて並べると…

という結果でした。
もちろん、それぞれ味の好みは異なるので、一度すべて試してみるのがおすすめです。

やわらかさを重視する方が大事ですが、味が好みではない場合は食べることに楽しみがなくなるのでストレスが溜まります。
食べやすさを重視しながらも味の好みに合う他のサービスも試してみるようにしましょう!

介護食で宅配サービスを利用するメリット

介護食に宅食サービスを利用することにどのようなメリットがあるのでしょうか?

毎日の料理が手間になってきた方や、自身の両親のために宅食をおすすめしたい方などは是非参考にしてください。

食事の準備をする必要が無い

宅配サービスを利用すると、食事の準備や調理の手間が省けます。

高齢者や介護を必要とする方々にとって、料理の準備が負担になることがありますが、宅配サービスを活用することで、手軽に栄養豊富な食事を楽しむことができます。

また、車を運転しての買い出しの手間も省けるのでとても楽です。

高齢者の車を運転するリスクなどを無くすことができるという点でもおすすめです。

安否確認のサービスもついてくる

一部の介護食宅配サービスでは、食事の配達時に安否確認を行うサービスが提供されています。

定期的な訪問や連絡を通じて、利用者の安全や健康状態を確認し、緊急の対応が必要な場合に早めに支援を受けることができます。

よって地元を離れて生活している方などが、両親の安否確認を含めて宅食サービスの利用を進めてもいいかもしれませんね。

食での健康管理が楽になる

介護食の宅配サービスは、栄養バランスに配慮した食事を提供します。

食事の摂取量や栄養価を気にせずに、健康的な食事を享受できます。

これにより、食事を通じた健康管理が簡便になり、体調の維持や改善に役立ちます。

食事の量が少ない・食べるものが固定されている場合などは宅食サービスがとてもおすすめです。

メニューが豊富なので飽きることが無い

介護食宅配サービスは、多彩なメニューを提供しています。

季節や好みに合わせて選べるため、食事に飽きることがありません。

バラエティ豊かな料理を楽しむことで、食事の喜びを保ちながら栄養を摂取できます。

定期的に新メニューも追加されるので、毎回メニューを選ぶのにとてもワクワクします。

制限食メニューが存在する

特別な食事制限を必要とする方々に対応したメニューも用意されています。

低塩、低糖、軟食、流動食など、個々の健康状態や医師の指示に合わせた制限食メニューが提供され、安心して食事を楽しむことができます。

ご自宅では、低塩、低糖の食事を作るのは難しいですよね。

介護食の宅配サービスは、利用者や家族にとって大きなサポートとなり、安心して健康的な食事を摂ることができる便利です。

介護食で宅配サービスを利用するデメリット

介護食の宅配サービスは多くのメリットがありますが、一部のデメリットも存在します。

以下に、そのデメリットを詳しく紹介します。

料金が少しだけ高い

介護食の宅配サービスは、通常の外食や自炊に比べて料金がやや高い場合があります。

これは、高齢者や介護が必要な方々に合わせた栄養バランスや調理方法、安全管理が施されているためです。

しかし、予算に厳しい方にとっては、負担に感じることがあるかもしれません。

なるべく安い宅食サービスを利用したいと考えている方は、下記記事をチェック!

値段が安い宅食・宅配弁当【価格・送料込みで比較!コスパランキング】

置き配ができない

一部の介護食宅配サービスでは、食事の配達時に直接受け取る必要があり、置き配オプションが提供されていないことがあります。

これは、食材や調理済みの食事が敏感な性質を持つため、安全を確保するための措置です。

しかし、利用者の外出が難しい場合には受け取りに都合が悪いことがあります。

冷凍弁当の場合は、置き配は基本的にNGなので対面での受け取りが必須です。

注文がネットだけの場合がある

一部の介護食宅配サービスは、注文がインターネットのみ受け付けている場合があります。

高齢者やデジタルに不慣れな方にとっては、オンラインでの注文が難しいことがあります。

この場合、家族の支援が必要になるかもしれません。

ですが、中には電話で注文することができる宅食サービスもあります。(わんまいるなど)

これらのデメリットを考慮しながら、介護食の宅配サービスを選択する際には、利用者の状況やニーズに合ったサービスを検討することが重要です。

宅配の介護食は、冷凍・冷蔵・常温のどれがおすすめ?

介護食の宅配サービスを利用する際に、食事の保存方法は重要な要因です。

一般的に、冷凍、冷蔵、常温の3つの保存方法があります。

どの保存方法の宅食弁当が良いかお悩みの方のために詳しく紹介します。

冷凍

冷凍保存は、介護食の長期保存に適しています。

冷凍保存の特徴は以下です

  • 長期間の保存が可能で、すぐに食べなくても大丈夫
  • 品質や風味が長期間にわたって安定している。
  • 急な食事の用意が必要な場合にも対応できる。

冷蔵

冷蔵保存は、食材や調理済みの食事を冷蔵庫で保存する方法です。

特徴は以下です:

  • 比較的短期間の保存に適しており、数日間の食事分を確保するのに便利。
  • 食事の風味や食感を保つことができる。
  • 毎日の食事を計画的に食べることができる

常温

常温保存は、非常に短期間の保存に適しています。

特別な保存方法や冷蔵庫は必要ありませんが、特徴は以下です:

  • 冷蔵庫のスペースをとらない
  • いつでもすぐに食べることができる
  • 長期間の保存には適していないため、すぐに食べる必要がある

選択肢は、利用者のニーズや食事の計画に応じて選びましょう。

冷凍・冷蔵は長期保存に、常温は短期保存に向いています。

介護食の宅配サービスの提供元によっても保存方法が異なる場合があるため、サービス提供者のポリシーも確認しましょう。

介護食で宅配サービスを利用する際のQ&A

介護食で宅配サービスを利用する際のQ&Aを紹介します。

宅食サービス初心者・他のサービスを考えている方など是非参考にしてください。

配送エリアは日本全国ですか?

宅配サービスの配送エリアは、提供業者によって異なります。

多くの宅配サービスは日本全国に対応していますが、一部地域に限定されている場合もあります。

利用を検討する前に、サービス提供者のウェブサイトやカスタマーサポートに問い合わせて、自分の居住地が対象エリアに含まれているか確認しましょう。

見守りサービスがある宅食サービスは?

一部の介護食宅配サービスには、見守りサービスが含まれていることがあります。

これは、食事の配達時に配達員が利用者の安否を確認し、緊急の状況に対応できる体制を整えている場合です。

代表的なサービスでは、わたみの宅食や宅配クック123などが上げられます。

介護保険で宅食サービスを利用することができる?

介護保険制度において、一部の介護食宅配サービスを利用することができる場合があります。

しかし、具体的な条件や手続きは介護保険の種類や地域によって異なります。

介護保険を利用する場合、地域の介護支援センターや自治体の窓口に相談し、詳細な情報を入手しましょう。

家の中まで届けてもらうことはできる?

一般的に、介護食宅配サービスは玄関や玄関先での受け取りが一般的です。

ただし、特別な理由がある場合には、家の中までの配達を依頼することもできることがあります。

しかし、これは配達員やサービス提供者の方針によるものであり、事前に相談や調整が必要です。

介護食の配達方法に関する詳細は、利用するサービス提供者と相談して確認しましょう。

これらのQ&Aを考慮しながら、介護食の宅配サービスを選択し、利用者のニーズに合ったサポートを受けることが大切です。

【番外編】介護食で摂取したほうが良い栄養素

高齢者の健康維持には、特定の栄養素の摂取が重要です。

介護食において、以下の栄養素の適切な摂取が特に大切です。

タンパク質

タンパク質は、筋肉の維持や修復に不可欠な栄養素です。

高齢者は筋肉量の減少や筋力の低下が起こりやすく、タンパク質の摂取は重要です。

魚、鶏肉、大豆製品、卵など、高品質なタンパク質源を食事に取り入れましょう。

カルシウム

カルシウムは骨の健康に不可欠な栄養素で、高齢者の骨密度の低下を予防する役割を果たします。

牛乳、チーズ、豆腐、青魚などからカルシウムを摂取し、骨折のリスクを軽減しましょう。

ビタミンDとの相乗効果も大切なので、イワシやサンマなどと一緒に食べるようにしましょう。

食物繊維

食物繊維は腸の健康をサポートし、便秘の予防に役立ちます。

野菜、果物、全粒穀物など食物繊維を豊富に含む食品を摂取しましょう。

また、食物繊維は血糖値の上昇を抑える助けにもなり、糖尿病予防にも貢献します。

高齢者の食事には、これらの栄養素を適切にバランスよく摂取することが重要です。

食事内容を工夫し、健康な老後を支えるためにこれらの栄養素に注目しましょう。

【番外編】親知らず・虫歯の抜歯後にも「やわらか食」がおすすめ!

歯医者で施術を受ける女性

年齢問わず、抜歯した後は歯ぐきが塞がるまでなるべく負担をかけないようにするのが必須。固い物を食べてしまうと抜歯跡付近に負荷をかけてしまうこともあるので注意が必要です。

親知らずを抜歯したり、虫歯を抜いたあとは歯ぐきに大きな穴(傷)が空いているような状態です。

編集部スタッフは以前、抜歯後に大きなトラブルを経験しました。
もちろん個人差があるので、参考程度に聞いて頂きたい話です。

編集部スタッフが親知らずを抜歯した際、ドライソケットという「歯ぐきの傷口がなおりにくい」という体質だったこともあり、1週間経過しても抜歯穴が塞がらない状況が続きました。
親知らずということもあり穴のサイズが大きいため、食事を食べるたびに痛みを感じたりとストレスが募るばかり。抜いた側の歯を使わないように食事することも苦痛だったそうです。

途中からは通常の食事を食べられず、ゼリー状の栄養補助食品などを補給して過ごした期間は非常につらかったとのこと。

かかりつけの歯医者からのアドバイスで「やわらか食」を利用することを勧められ、使い始めてからは、歯ぐきへの負荷を軽減でき、その後は通常の食事を食べられるようになったそうです。

本人曰く、抜歯後は噛むことで口の中に負荷を与えないために、「やわらかい食事」を利用するのが身体的にも精神的にも良いとのことです。

やわらか食は、高齢者だけでなく、デンタルケア期間中の食事としても活躍してくれます。

まとめ

和食を食べる高齢者

高齢者さんのやわらか食・抜歯後に活躍してくれる「やわらかい食事」はやわらかいだけでなく、美味しさや見た目の満足度、そして飽きずに続けられるメニューが豊富か?という点も重視して選ぶのがおすすめ。

当サイト管理人の曾祖母も有料の老人ホームにお世話になっていましたが、やはり毎日の食事は「やわらかい食事」が基本でした。
ですが、そこで暮らす元気な方にお話を聞いてみると「食べた気がしない」「味気ない」と感じている方も多かったのが印象的に残っています。

介護食のような「やわらかい食事」を自宅で作るとなる意外に大変で、食材の形を残したままやわらかく下ごしらえをするには料理の知識も必要です。

ネット上に公開されているレシピでも「やわらかい食事」となるとメニューの種類は少なく、結果的に皆さん自己流で作っているという方が多いようです。

自己流だと上手に作れるようになるまでなかなか大変。ひとり暮らしのご高齢の方になると料理自体が大変だったりもしますので、余計に負担となってしまうことがあります。

宅配食サービスを利用することで、食事作りの負担を減らしながら、食べる側の満足度も高いので双方ともにストレスが軽減するのでおすすめ。
プロの料理人・管理栄養士が監修しているので自分で作るよりも本格的な料理が食べられるのも魅力です。

    • やわらか食を選ぶ際は、各サービスのお試しセットを一通り利用して選択するのが近道

高齢になると食べる量自体が減ってきます。少ない量でもしっかり栄養を摂取するためにもバランスの良い食事は重要。

栄養に関する専門的な知識がない場合や、自信がない場合は迷いなく宅配食を使ってみるのがおすすめです。毎日の食事は、一日の中でも大事な楽しみでもあります。

美味しさは重要なので、好みにフィットした満足度が高い「やわらか食」を根気よく探してみてください。

毎日の料理の負担がグッと軽減するので、週に何回かだけでも宅配食を利用するのもおすすめです!

食べる側も作る側もメリットが多いので、是非「やわらかい宅配食」を活用してみてください♪

以下の記事も合わせてご覧ください!

冷凍弁当宅配おすすめランキング20選【人気の宅配弁当総決算!】

値段が安い宅食・宅配弁当【価格・送料込みで比較!コスパランキング】

参考サイト

株式会社明治HP

公益財団法人長寿科学振興財団HP

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

【プロフィール】
40社以上の宅配食・ミールキットを体験した食材宅配サービス愛好家です♪ミールキット・野菜通販・宅配食や冷凍弁当などのサービスを体験取材中!通販食材で作った料理レポも更新中です。

目次